登録 ログイン

arch bridge 意味

読み方:
"arch bridge"の例文
日本語に翻訳モバイル版
  • arch bridge
    アーチ橋
    アーチきょう
  • bridge of steel-arch construction    鉄骨{てっこつ}アーチ構造{こうぞう}の橋
  • fixed-arch bridge    固定{こてい}アーチ橋
  • midheight-deck arch lohse bridge    中路式アーチ型ローゼ橋
  • arch    1arch n. アーチ; アーチ形建造物; アーチ状のもの; 半円形.【動詞+】◆adorn an arch with flowers アーチを花で飾る◆build an arch アーチを建てる◆The children's linked hands formed an arch. 子供たちが手をつないで半円形を作った◆The bridge had two arches. その橋にはアーチ
  • arch-    {1-連結} : 主要な、主~、大~--------------------------------------------------------------------------------{2-連結} : archi-の異形
  • bridge    1bridge n. 橋; (歯の)ブリッジ; 橋の型をしたもの.【動詞+】◆A tank blocked the bridge. 戦車のためその橋は渡れなかった The general blocked the bridge with tanks. 将軍は戦車でその橋を封鎖した◆My orders are to blow (up) the bridge and cut off the enem
  • abdominothoracic arch    abdominothoracic arch腹胸弓[医生]
  • admiralty arch    アドミラルティ?アーチ
  • alveolar arch    歯茎{はぐき}、歯槽弓{しそうきゅう}
  • anterior arch    前弓
  • antitwilight arch    反対薄明弧{はんたい はくめい こ}
  • aortic arch    大動脈弓{だいどうみゃく きゅう}
  • aortogram arch    大動脈弓造影{だいどうみゃくきゅう ぞうえい}
例文
  • Worshipers walked through nanmon (south gate ) and crossed an arched bridge to a temple via the island in the pond .
    参拝者は南門をくぐって大池に架かった反り橋を渡り、中島を経て御堂に達するようになっていた。
  • In 1913 , it was rebuilt as an arch bridge of ferroconcrete to widen the street due to starting service of kyoto city trams .
    1913年(大正2年)には京都市電の開通とそれに伴う道路の拡幅のため、鉄筋コンクリート製のアーチ橋に架け換えられた。
  • In the latter half of the 19th century , japanese gardens including garden stones , arch bridges , garden lanterns and a tea-ceremony houses were being built in europe and in america as the japonism came into style there .
    19世紀後半、欧米圏ではジャポニズムの流行とともに、庭石?太鼓橋?灯篭?茶室などを配した日本風の風景式庭園がつくられるようになった。
  • According to nihon-shoki , empress suiko regnant during her reign in the former half of the 7th century had a garden that had a shumisen and kure-hashi bridge (a holy arch bridge which the gods crossed ) and empress saimei regnant of the latter half of 7th century also had the same .
    日本書紀によると、7世紀前半に在位していた推古天皇も宮の南に須弥山と呉橋のある庭を持っていたことや、7世紀後半に在位する斉明天皇についても同様であったとされる。