简体版 繁體版
登録 ログイン

"えいこくじん 意味

以下のキーワードの中にお探しの項目があるかもしれません:
  • えいこくじん    いぎりすじん; イギリス人; 英国人
  • いこくじん    【異国人】 外国人。異邦人。
  • がいこくじん    【外国人】 (1)他の国家の人民。外人。異国人。 ⇔内国人 (2)日本の国籍をもたない者。法律上の地位は原則として日本人と同一であるが,参政権・鉱業所有権・出入国など,公法上・私法上の権利を制限されている。
  • ないこくじん    【内国人】 その国の国籍をもつ人。 ⇔外国人
  • おやといがいこくじん    【御雇外国人】 幕末から明治前期,欧米の学問・技術・産業・政治制度などを急速に取り入れるため政府が雇った外国人。アトキンソン(英)・ボアソナード(仏)・ベルツ(独)・クラーク(米)・ロエスレル(独)などが有名。
  • おやとい-がいこくじん    オヤトヒグワイコクジン [8] 【御雇外国人】幕末から明治前期,欧米の学問・技術・産業・政治制度などを急速に取り入れるため政府が雇った外国人。アトキンソン(英)・ボアソナード(仏)・ベルツ(独)・クラーク(米)・ロエスレル(独)などが有名。
  • がいこくじんがっこう    【外国人学校】 国内にある在日外国人子女のための学校。朝鮮人学校・アメリカン-スクール・ドイツ人学校などで,各種学校に含まれる。
  • ざいにちがいこくじん    【在日外国人】 日本に居住する外国人。
  • ざいにち-がいこくじん    ―グワイコク― [8] 【在日外国人】日本に居住する外国人。
  • えいこく    【英国】 〔イギリスを「英吉利」と書いたところから〕 イギリスのこと。
  • こくじん    【国人】 (1)ある国家または地域の人民。その国の人。国民。 (2)〔「こくにん」とも。その国に居ついている者の意〕 国衙(コクガ)の官人,中世後期の在地領主・地侍などの称。国衆(クニシユウ)。国人衆。 ; 【黒人】 黒色人種に属する人。ニグロ。
  • いこく-じん    [3] 【異国人】外国人。異邦人。
  • がいこく-じん    グワイ― [4] 【外国人】(1)他の国家の人民。外人。異国人。内国人(2)日本の国籍をもたない者。法律上の地位は原則として日本人と同一であるが,参政権・鉱業所有権・出入国など,公法上・私法上の権利を制限されている。
  • ないこく-じん    [4] 【内国人】その国の国籍をもつ人。外国人
  • がいこくじんとうろくほう ④-    【外国人登録法】 日本に在留する外国人の登録について定めた法律。1952年(昭和27)制定。在留外国人に対して,所定の登録により,市町村長から登録証明書の交付を受けることと,その携帯を義務づける。
  • がいこくじんろうどうしゃ    【外国人労働者】 第二次大戦後,発展途上国やヨーロッパ内の相対的に貧しい地域から,豊かな先進諸国に,出稼ぎを目的として入国する外国人。
  • えいせいこく    【衛星国】 大国の周辺にあって,内政・外交が事実上その国に支配されている国家。 〔第二次大戦後,東ヨーロッパ諸国を「ソ連の衛星国」と呼んだことから用いられるようになった〕
  • こくじん-れいか    [5] 【黒人霊歌】(black spirituals)奴隷制時代につくられたアメリカ黒人の民謡。聖書に取材した強い宗教色と独特なリズムが特徴。ブラック-スピリチュアルズ。
  • いこくじょうちょ    【異国情緒】 〔「じょうちょ」は慣用読みで,正しくは「じょうしょ」〕 「異国情調」に同じ。
  • こくえいこうえん    【国営公園】 都市計画施設として国が設置する,公園または緑地。都府県を超えた広域の見地から設置するものと,国家的な記念事業または日本固有の文化的資産の保全・活用のため閣議決定を経て設置するものとがある。1993年(平成5)現在,一六公園がある。
  • だいえいていこく    【大英帝国】 〔British Empire〕 一七世紀以降,イギリス本国および世界各地の植民地・保護領などを含めたイギリス帝国の称。その名称は1931年まで用いられた。
  • だいえい-ていこく    【大英帝国】(British Empire)一七世紀以降,イギリス本国および世界各地の植民地・保護領などを含めたイギリス帝国の称。その名称は1931年まで用いられた。
  • こくじんれいか    【黒人霊歌】 〔black spirituals〕 奴隷制時代につくられたアメリカ黒人の民謡。聖書に取材した強い宗教色と独特なリズムが特徴。ブラック-スピリチュアルズ。
  • こくじんアフリカ    黒人アフリカ