简体版 繁體版
登録 ログイン

…より船尾寄りに 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 後方に
  • 船尾の方へ
  • 後部に
  • 後半部に
  • ともに
  • 船尾
  • 船尾寄りの    船尾に近い; 船尾の; 後部の; 後ろの
  • 最寄り船    もよりぶね ④ 岸近くに停泊している船。
  • よりに-よって    【選りに選って】 (連語)相手の選択のまずさを非難する語。他にもっとよい選び方がいくらでもありそうなのに。「―一番粗悪なものを選ぶとは」
  • より船足が速い    より速く航行する
  • 東寄りになること    偏東距離; 東行; 東の方向; 東 方位; 東進; 東航浬程; 偏東航程; 東西距
  • 船の中央寄りに    船内に
  • よりによって    【選りに選って】 相手の選択のまずさを非難する語。他にもっとよい選び方がいくらでもありそうなのに。 「―一番粗悪なものを選ぶとは」
  • 寄り    より ◎ (1)相撲で,四つに組み体を密着させて,押しながら進むこと。 (2)映画撮影で,被写体にカメラを近づけて撮影すること。あるいはカメラを近づけること。 (3)腫(ハ)れ物が一か所に集まること。 (4)「寄り付き」の略。 (5)場所・方向・側など,位置を表す語の下に付いて,そこ,また,そちらに近い意を表す。 「海―の道」「右―の考え」
  • 船尾    せんび ① 船の後ろの部分。船の後端。とも。 ⇔船首
  • つり船    釣り舟; 猟船; 海人舟; 漁舟; 釣船; 釣り船; 漁船; いさり船; つり舟; いさり舟; 釣舟
  • 上り船    のぼりぶね ④ (1)川を上流へ航行する船。 (2)都の方へ行く船。地方から京へ向かう船。
  • 下り船    くだりぶね ④ (1)川を下る船。 (2)京都から淀川を下って大坂に行く船。また,大坂から他の地方へ行く船。 「淀の方へまどひありき,―の有りけるに乗らんとす/発心 1」
  • 刳り船    刳舟; 空ろ舟; 刳り舟; 独木船; 丸太舟; 空舟; 独木舟; 丸木船; 丸木舟; 刳船
  • 帰り船    かえりぶね ④ (1)客や荷物を送り届けて引き返す船。戻り船。 (2)港へ帰る船。また,帰路に乗る船。
  • 戻り船    もどりぶね ④ 帰り船。