简体版 繁體版
登録 ログイン

…を 意味

読み方:
"…を"の例文

意味モバイル版携帯版

  • に広いへりをつけて補強する
  • …を特定の路線/航路/道筋で送る
  • 遠ざかる
  • 表にする
  • 離す
  • 向ける
  • …から
  • …をテーブルに置く
  • 縁布補強する
  •     ■一■ (格助)体言またはそれに準ずる語に付く。(1)動作・作用の対象を表す。「本―読む」「講演―終わる」「太刀が緒もいまだ解かずて襲(オスヒ)―もいまだ解かねば/古事記(上)」(2)使役表現において動作の主体を表す。「子供―泣かせないようにして下さい」「今年こそ美しい花―咲かせよう」(3)移動性の動作の経過する場所を表す。「いつもの道―通る」「大空―飛ぶ」「新治筑波―過ぎて幾夜か寝つる/古事
  • reemplaza a を    古くなった物だけ捨てました
  • さる-を    【然るを】 (接続)先行の事柄に対し後続の事柄が,反対・対立の関係にあることを表す語。ところが。「をとこ女…異心なかりけり。―いかなる事かありけむ/伊勢 21」
  • すら-を    (連語)(副助詞「すら」に助詞「を」の付いたもの)当然推測される事実に反する事態が起こることを表す。…であるのに。「あぶり干す人もあれやも家人の春雨―間使ひにする/万葉 1698」
  • とこ-を    (接助)(「ところを」の転。話し言葉でのくだけた言い方)「ところを(接助)」に同じ。「普通ならちゃんとした洋服で行く―,めんどうなので,普段着のまま行ってしまった」
  • なに-を    【何を】 (感)問い返したり反発したりするときに発する語。なんだと。なに。「―,生意気な」
  • を-がな    (連語)□一□(格助詞「を」に終助詞「がな」の付いたもの)文末にあって,願望を表す。…がほしいなあ。「かの君だち―。つれづれなる遊びがたきになどうち思しけり/源氏(橋姫)」□二□(格助詞「を」に副助詞「がな」の付いたもの)文中の疑問語を受けて,不定の意を表す。「何―形見に嫗に取らせんと思ひ廻(メグラ)すに/今昔 16」
  • を-だに    (連語)(格助詞「を」に副助詞「だに」の付いたもの)(1)一つのことを挙げて,それが最低の限度であることを表す。せめて…だけでも。せめて…をなりと。「ここにも心にもあらでかくまかるに,昇らむ―見送り給へ/竹取」「今一階(ヒトキザミ)の位―と贈らせ給ふなりけり/源氏(桐壺)」(2)(打ち消しの文の中にあって)程度の軽いものを挙げ,他にそれより重いものがあることを言外に表す。(せめて…をなりとと思
  • を-は    (連語)(間投助詞「を」に係助詞「は」が付いたもの。中古語)文末にあって,詠嘆の意を表す。「さる方にて捨てがたきもの―とて,式部を見やれば/源氏(帚木)」「かやうの事めで給ふとては,わらひ給へど,いかでかなほをかしきもの―/枕草子 313」(「は」が連濁により「をば」となることも考えられるが,用例がすべて中古の仮名文献なので,確認はできない)
  • を-ば    (連語)(格助詞「を」に係助詞「は」が付き,「は」が濁音化したもの)動作・作用の目標・対象など,「を」の付いた語を「は」によって取り立てて強調するのに用いる。「三島江の入江の薦をかりにこそ我―君は思ひたりけれ/万葉 2766」「御迎へに来む人―長き爪して,眼をつかみ潰さむ/竹取」「秋萩の花―雨にぬらせども君―まして惜しとこそ思へ/古今(離別)」(現代語でも,書き言葉や,話し言葉でもややかたくる
  • を-も    (連語)(格助詞「を」に係助詞「も」が付いたもの)目的・対象を,さらに広くとりたてる意を表す。「人類は宇宙―征服する気か」
  • を-もち    【を以ち】 (連語)以ち
  • を-や    (連語)□一□(間投助詞「を」に間投助詞「や」の付いたもの)(1)詠嘆の意を表す。「相思はぬ人―もとな白たへの袖ひつまでに音のみし泣かも/万葉 614」「後やすくのどけき所だに強くは,うはべの情はおのづからもてつけつべきわざ―/源氏(帚木)」(2)(「いはんや…をや」の形で用いられて)反語の意を表す文に詠嘆の意を添える。まして…においてはなおさらである。まして…は言うまでもない。「釈種は善法を
  • あらおだ-を    ―ヲダ― 【新小田を】 (枕詞)田を耕(カエ)すことから,「かへす」にかかる。「―かへすがへすも花を見るべく/新古今(春上)」
  • いもがて-を    【妹が手を】 (枕詞)妹の手を取る意から,地名「取石(トロシ)」にかかる。「―取石の池の/万葉 2166」

例文

  • 今夜のおかず - …を一品紹介する。
  • 今夜のおかず - …を一品紹介する。
  • 捕食者が増えれば…を繰り返すものである。
  • 歌詞の1番、2番……を賛美歌では節という。
  • 改良型は番号の後にA,B……を付けて示す。
  • …を飲食しに行く(昭和末期〜平成の流行語)。
  • 次は2面で死んで…を繰り返す。
  • …をしておいでだ」の転訛。
  • …を肯定する意味(反語)では尻下がりの抑揚になる。
  • …を否定する文字通りの意味では「な」にアクセントを置く。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5