简体版 繁體版
登録 ログイン

あいしょう-か 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―シヤウ― [3] 
    【哀傷歌】

    (1)人の死を悲しみ悼む歌。
    (2)古今集以後の勅撰和歌集で,部立ての一。
    挽歌

  • あいしょう    【愛妾】 気に入りのめかけ。 ; 【愛称】 本名以外の,親しみをこめて呼ぶ呼び名。ニックネーム。 「―で呼ぶ」 ; 【愛唱】 その歌が好きでよく歌うこと。 「シューベルトの歌曲を―する」「―歌」 ; 【愛誦】 詩文を好んで,常に口ずさむこと。 「昔―した唐詩選や三体詩/ふらんす物語(荷風)」 ; 【相性・合(い)性】 (1)男女・友人・主従などが,互いに性格がよく合うかどうかということ。
  • あいしょうか    【哀傷歌】 (1)人の死を悲しみ悼む歌。 (2)古今集以後の勅撰和歌集で,部立ての一。 →挽歌(バンカ)
  • けいしょう-か    ―シヤウクワ [0] 【形象化】 (名)スル思想や感情など観念として存在するものを,何らかの手段で形にして表し出すこと。
  • たいしょう-か    ―シヤウクワ [0] 【対象化】 (名)スル(1)あるものを認識するために,一定の意味を持った対象としてはっきり措定(ソテイ)すること。(2)自己の主観内にあるものを客観的な対象へと具体化し,外にあるものとして取り扱うこと。反省。
  • わいしょう-か    ―セウクワ [0] 【矮小化】 (名)スルこぢんまりとすること。小さくすること。「問題を―する」
  • はい-じんあいしょう    ―ヂンアイシヤウ [5][0]-[0] 【肺塵埃症】塵肺
  • あいしょ    【愛書】 (1)本が好きで大事にすること。 「―家」 (2)愛読している本。大切にしている本。
  • あいしょか    【愛書家】a booklover;a bibliophile.
  • はいじんあいしょう ⑤◎-    【肺塵埃症】 ⇒塵肺(ジンハイ)
  • れんあいしょうせつ    【恋愛小説】 恋愛を主題とする小説。
  • あい-しょう    ―シヤウ [0] 【愛唱】 (名)スルその歌が好きでよく歌うこと。「シューベルトの歌曲を―する」「―歌」
  • しょうあい    【鍾愛】 深く愛すること。とりわけて大事にすること。 「守雄が―せし品にして/鉄仮面(涙香)」 ; 【性合(い)】 (1)性質。たち。 「兄弟でも―が異なる」 (2)互いの性質のあうこと。相性のいいこと。
  • しょう-あい    シヤウアヒ [0][3] 【性合(い)】(1)性質。たち。「兄弟でも―が異なる」(2)互いの性質のあうこと。相性のいいこと。
  • か-しょう    クワセウ [0] 【寡少】 (形動)[文]ナリ非常に少ないさま。わずか。「―な戦力」[派生] ――さ(名)
  • か-しょうき    【何紹基】(1799-1873) 中国清代の文人・書家。字(アザナ)は子貞。号は東洲,蝯叟。経史・小学に精通し,詩をよくし,隷書・行書・篆刻を得意とした。