简体版 繁體版
登録 ログイン

あいじゃく 意味

読み方:
"あいじゃく"の例文"あいじゃく"の英語"あいじゃく"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【愛惜】
    (1)「あいせき(愛惜)」に同じ。
    (2)〔仏〕「あいじゃく(愛着)」に同じ。

  • 【愛着・愛著】
    (1)〔仏〕(ア)対象を追い求めること。むさぼりの心をもって,物にとらわれること。渇愛。(イ)恋愛感情や性的欲望によって異性愛に執着すること。愛執(アイシユウ)。
    (2)「あいちゃく(愛着)」に同じ。
    「同じ婦人に―するなら/天うつ浪(露伴)」

  • 【相酌】
    給仕なしで,互いに酌をしあいながら酒を飲むこと。

  • あいじゃくや    【相借屋】 同じ棟に借屋すること。相店(アイダナ)。 「士農工商こきまぜて,八百万の―/滑稽本・浮世床(初)」
  • あいじゃくり    【合決り】 板の接(ハ)ぎ合わせ方で,板の厚みを半分ずつ欠き取って合わせるもの。違い接ぎ。
  • あい-じゃく    [0] 【愛惜】(1)「あいせき(愛惜)」に同じ。(2)(仏)「あいじゃく(愛着)」に同じ。
  • あい-じゃくや    アヒ― 【相借屋】同じ棟に借屋すること。相店(アイダナ)。「士農工商こきまぜて,八百万の―/滑稽本・浮世床(初)」
  • あい-じゃくり    アヒ― [3] 【合決り】板の接(ハ)ぎ合わせ方で,板の厚みを半分ずつ欠き取って合わせるもの。違い接ぎ。
  • いじゃく    【胃弱】 慢性的に胃が弱いこと。
  • かいじゃく    【海若】 〔楚辞(遠遊)〕 海の神。わたつみ。かいにゃ。 「―の暴威は健児を呑んで/肉弾(忠温)」
  • さいじゃく    【纔着】 〔「纔」はわずかの意〕 装束の裾(スソ)や下襲(シタガサネ)の裾(キヨ)をわずかに地につくほどの長さに仕立てること。
  • すいじゃく    【垂迹】 〔古くは「すいしゃく」〕 〔仏〕 仏・菩薩が衆生(シユジヨウ)を救うために仮の姿をとってこの世に現れること。また,その仮の姿。特に,日本では在来の神を仏・菩薩の垂迹であるとする。 →本地(ホンジ) ; 【衰弱】 (肉体などが)衰えて弱くなること。 「神経がひどく―している」
  • せいじゃく    【静寂】 静かなこと。ひっそりとしていること。また,そのさま。 「―を破る」「―な森」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • ぜいじゃく    【脆弱】 もろくて弱い・こと(さま)。 「―な構造」「―な身体」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • るいじゃく    【羸弱】 からだが弱いこと。衰弱すること。また,そのさま。 「其―なる者をして農に就かしめたりとあり/文明論之概略(諭吉)」
  • かいじゃくし    【貝杓子】 板屋貝や帆立貝などの貝殻に,竹または木の柄をつけた杓子。
  • けいじゃくじ    【鶏雀寺】 古代インドのマガダ国のパータリプトラ付近にあった寺。アショーカ王の創立。ナーランダー以前の仏教道場の中心地。鶏園寺。鶏頭末寺。鶏寺。
  • けいじゃく-じ    【鶏雀寺】古代インドのマガダ国のパータリプトラ付近にあった寺。アショーカ王の創立。ナーランダー以前の仏教道場の中心地。鶏園寺。鶏頭末寺。鶏寺。

例文

  • 愛着(あいちゃく、あいじゃく)は慣れ親しんだ物事に深く心を引かれ、離れがたく感じる事を言う。
  • 仏教における愛着(あいじゃく)は煩悩の一つであり、物欲に対する執着を指す「渇愛」と、男女間の恋愛や性欲に対する執着を指す「愛執」がある。