简体版 繁體版
登録 ログイン

あいついで 意味

読み方:
"あいついで"の例文"あいついで"の英語

意味モバイル版携帯版

  • 【相次いで】

    one after another;successively.
    ~起こる follow[come after one another]in rapid succession.

  • ついで    【序で】 〔「つぎて(次第)」の転〕 (1)あることを行う時,あわせて別のことを行う,よい機会。主要な事にかこつけてその事ができるような場合。 「お―の節」「―があれば伝える」 (2)順序。次第。 「その次々,猶皆―のままにこそは/源氏(匂宮)」 ――な・し きっかけがない。突然である。 「―・くて軽(カル)らかにはひわたり/源氏(胡蝶)」 ; 【次いで】 〔「次ぎて」の転〕 □一□ (接続
  • いついつ    【何時何時】 (1)何月何日,何日の何時などがはっきりしないとき,また,それらをはっきり言わないときに用いる語。 「締め切りは―と決める」 (2)いつものとき。普段。 「今朝は―より斎(トキ)をとりつくろうて/狂言・若市」
  • ついつい    「つい」を重ねて意味を強めた語。 「―言いそびれてしまった」
  • ついつい ① (副)    〔「ついと」の「つい」を重ねたもの〕 (多く「と」を伴って)まっすぐにつき出るさま。まっすぐに立つさま。 「長い霜柱の―と立つてゐるのが/多情多恨(紅葉)」
  • あいつ    【彼奴】 〔「あやつ」の転〕 遠慮のない相手との会話や,親しみ・憤り・侮蔑(ブベツ)などの気持ちを表すときに用いる。 (1)三人称。彼または彼女。やつ。 「―は実にいい奴だ」 (2)遠称の指示代名詞。あれ。 「―よりこいつの方が安くていい」
  • あしついで    【足序で】 外出・用足しなどで行くついで。
  • あし-ついで    [3] 【足序で】外出・用足しなどで行くついで。
  • こと-の-ついで    [0] 【事の序で】ほかの物事をするついで。「―に,頼まれていた仕事もやってしまおう」
  • ついでに    【序でに】 何かをするその機会を利用して。関連して。 「買物に出た―立ち寄る」
  • ついで-に    [0] 【序でに】 (副)何かをするその機会を利用して。関連して。「買物に出た―立ち寄る」
  • てついで    【手序で】 他の事をするついで。
  • て-ついで    [2] 【手序で】他の事をするついで。
  • はけついで    【刷毛序で】 刷毛で塗ったついでにほかのものも塗ること。ついでに片付けてしまうこと。ことのついで。 「ぬけまゐりの―に/滑稽本・膝栗毛 7」
  • はけ-ついで    [3] 【刷毛序で】刷毛で塗ったついでにほかのものも塗ること。ついでに片付けてしまうこと。ことのついで。「ぬけまゐりの―に/滑稽本・膝栗毛 7」
  • ひついで    【日次いで】 暦の上の吉凶。日どり。日がら。 「今日より後,―あしかりけり/源氏(夕霧)」

例文

  • 災害があいついでその地域を襲った。
  • しかし、あいついで持ちネタは玉砕していく。
  • この時代には臨済宗と曹洞宗という二つの禅宗が、あいついで中国からもたらされた。
  • 李綱が企画した軍政は一切廃止され、両河の経営は頓挫してその州県はあいついで失われた。
  • ところが、息子があいついで没したため、ロタールの父ルートヴィヒが単独相続することになった。
  • 特に冷戦時には、核兵器への恐怖が高まり、核シェルターが公的にも私的にもあいついで建造された。
  • 永正5年(1508年)4月、澄元や11代将軍足利義澄はあいついで近江に逃れ、高国が入京した。
  • 1849年前後の広西省は連年の天災に見舞われ、天地会の蜂起があいついで蜂起の機は熟していった。
  • 1871年(明治4年) この年以降人々があいついで入植し、同年平岸村と月寒村、翌年豊平村が作られた。
  • 1848年にあいついでおきたヨーロッパの革命やヘーゲル左派・カール・マルクスに関して多くの業績を残した。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5