简体版 繁體版
登録 ログイン

あいやぐら 意味

読み方:
"あいやぐら"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【相櫓】
    将棋で,双方の駒組が「櫓囲い」であること。

  • かいやぐら    【貝櫓・蜃楼】 〔「蜃楼」を訓読みした語〕 蜃気楼(シンキロウ)のこと。
  • あい-やぐら    アヒ― [3] 【相櫓】将棋で,双方の駒組が「櫓囲い」であること。
  • やぐら    【岩倉・窟】 〔「いわくら」の転とも,「谷倉」の意ともいう〕 鎌倉・室町時代,山腹に横穴を掘って墓所としたもの。後世貯蔵庫としても用いられた。神奈川県鎌倉市近傍に多く見られる。 ; 【櫓・矢倉】 〔(8)が原義〕 (1)城や館の門の上,あるいは敷地内に設けた物見・防戦のための高楼。近世の城郭では,一層から四層の塗込造りの建物が多く,城内の要所,城壁や城門の上に設けた。 (2)木材などを高く組み
  • かい-やぐら    カヒ― [3] 【貝櫓・蜃楼】(「蜃楼」を訓読みした語)蜃気楼(シンキロウ)のこと。
  • かえやぐら    【代え櫓】 ⇒控(ヒカ)え櫓(ヤグラ)
  • かえ-やぐら    カヘ― [3] 【代え櫓】控
  • かりやぐら    【仮櫓】 「控え櫓」に同じ。
  • かり-やぐら    [3] 【仮櫓】「控え櫓」に同じ。
  • きんやぐら    【金櫓】 将棋で,王将の囲い方の一。金将二枚,銀将一枚で王将を守る。
  • きん-やぐら    [3] 【金櫓】将棋で,王将の囲い方の一。金将二枚,銀将一枚で王将を守る。
  • ぎんやぐら    【銀櫓】 将棋で,王将の囲い方の一。金将一枚,銀将二枚で王将を守る。
  • ぎん-やぐら    [3] 【銀櫓】将棋で,王将の囲い方の一。金将一枚,銀将二枚で王将を守る。
  • くびやぐら    【首櫓】 相撲で,上手で相手の首をかかえ,やぐら投げに投げる技。
  • くび-やぐら    [3] 【首櫓】相撲で,上手で相手の首をかかえ,やぐら投げに投げる技。
  • こたつ-やぐら    [4] 【炬燵櫓】炬燵の熱源の上に置くやぐら。

例文

  • 居飛車で互いに矢倉囲いに組んで戦う戦型のことを相矢倉(あいやぐら)といい、これも矢倉と略されることがある。