简体版 繁體版
登録 ログイン

あい-がみ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アヰ― [0] 
    【藍紙】

    (1)「青花紙(アオバナガミ)」に同じ。
    (2)藍色に染めた和紙。

  • あいがみ    【藍紙】 (1)「青花紙(アオバナガミ)」に同じ。 (2)藍色に染めた和紙。 ; 【間紙】 〔「あいし」とも〕 (1)汚損を防ぐために物と物との間にはさむ紙。 (2)印刷で,インクの汚れを防ぐため,印刷済みの紙の間にはさむ紙。
  • いがみあい    【啀み合い】 互いに敵意をもって対立すること。 「境界線争いから―になる」
  • いがみ-あい    ―アヒ [0] 【啀み合い】互いに敵意をもって対立すること。「境界線争いから―になる」
  • いきあい-がみ    イキアヒ― [3] 【行(き)合い神】不用意に出会うと祟(タタ)りをする神霊。頭痛がしたり,胸苦しくなったりするという。水神・山の神・便所の神などがそれとされることが多い。いきあい。ゆきあいがみ。ひだる神
  • まにあい-がみ    ―アヒ― [3] 【間に合い紙】幅が三尺(約91センチメートル)ある鳥の子紙。屏風(ビヨウブ)や襖(フスマ)を張るのに用いた。
  • いきあいがみ    【行(き)合い神】 不用意に出会うと祟(タタ)りをする神霊。頭痛がしたり,胸苦しくなったりするという。水神・山の神・便所の神などがそれとされることが多い。いきあい。ゆきあいがみ。 →ひだる神
  • まにあいがみ    【間に合い紙】 幅が三尺(約91センチメートル)ある鳥の子紙。屏風(ビヨウブ)や襖(フスマ)を張るのに用いた。
  • がみ    【雅味】 上品で風雅な趣。
  • がみ-がみ    [1] (副)口やかましく,しかりつけたり,文句を言うさま。「―(と)言う」「―(と)しかられる」
  • あい    【合(い)】 名詞の下に付いて,接尾語的に用いる。 (1)「ようす」「ぐあい」などの意を表す。 「色―」「肌―」 (2)意味をぼかして,婉曲(エンキヨク)な表現にする。 「意味―」「義理―」 (3)互いにその動作をする意を表す。 「にらみ―」「果し―」 ; 【埃】 (1)土ぼこり。ちり。 (2)数の単位。塵(ジン)の一〇分の一。一の一〇〇億分の一。[塵劫記] ; 【愛】 (1)対象をかけがえ
  • あい-    【相携えて行く】go together.~並んで立つ stand side by side.
  • あい-あい    [0] 【藹藹】 (ト|タル)[文]形動タリ(1)なごやかなさま。穏やかなさま。「和気―」「春霞―たる和楽の天地/火の柱(尚江)」(2)草木が盛んに茂るさま。「―たる山松皓皓たる白壁/佳人之奇遇(散士)」
  • がみがみ    口やかましく,しかりつけたり,文句を言うさま。 「―(と)言う」「―(と)しかられる」
  • あか-がみ    [0] 【赤紙】(1)赤い色の紙。(2)(用紙が赤いところから)(ア)旧日本軍の召集令状の俗称。(イ)差し押さえの封印証書の俗称。
  • あがみ    【吾が身】 二人称。そなた。おまえ。近世,女性が用いた。 「―と俺としつぽりと抱かれて寝る/歌舞伎・吉祥天女」