简体版 繁體版
登録 ログイン

あい-つ・ぐ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アヒ― [1] 
    【相次ぐ・相継ぐ】
     (動ガ五[四])
    (1)同じような物事が続いて起こる。「事故が―・いで起こる」
    (2)受け継ぐ。相続する。「中務宮と聞えけるが領じ給ひける所…―・ぐ人もなくて/源氏(松風)」

  • つ・ぐ    [0] 【注ぐ】 (動ガ五[四])(「継ぐ」と同源)器に物を入れる。特に液状の物をそそぎ入れる。「お茶を―・ぐ」「飯を―・ぐ」[可能] つげる
  • ぐ-あい    ―アヒ [0] 【具合・工合】(「ぐわい」とも)(1)物事の機能の状態。かげん。あんばい。「エンジンの―がおかしい」「体の―が悪い」(2)都合。「今日は忙しくて,―が悪い」「―よく,タクシーが来た」(3)ていさい。かっこう。「仮病がばれてどうも―が悪い」(4)物事のやりかた。方法。あんばい。「こんな―にやればうまくいく」
  • いい-つ・ぐ    イヒ― [3] 【言(い)継ぐ】 (動ガ五[四])(1)語り伝える。「代々―・がれてきた」(2)前の言葉に続けて言う。「尚ほ―・がんとして苦しげに息す/源おぢ(独歩)」(3)託された言葉を伝える。伝言する。「人ノ話ヲ―・イデヤル/ヘボン」
  • うけ-つ・ぐ    [0][3] 【受(け)継ぐ】 (動ガ五[四])前の人の仕事などを引き継ぐ。また,人の性質や志などを引き継ぐ。継承する。「書記の役を―・いだ」「親から―・いだ気質」[可能] うけつげる
  • おい-つ・ぐ    オヒ― 【追ひ次ぐ・追ひ継ぐ】 (動ガ四)間をあけないで,すぐあとに続ける。続けざまにする。「我も我もと―・ぎて行くに/枕草子 78」
  • かたり-つ・ぐ    [4] 【語り継ぐ】 (動ガ五[四])次の世代の人に次々と語って,伝える。「この村に―・がれてきた民話」
  • きき-つ・ぐ    [3] 【聞(き)継ぐ】 (動ガ五[四])次々に伝え聞く。人づてに聞く。「後の代の―・ぐ人も/万葉 4211」
  • さし-つ・ぐ    [0] 【指(し)継ぐ】 (動ガ五[四])指し掛けの将棋を,改めて指し続ける。「翌日一〇時から―・ぐ」
  • とり-つ・ぐ    [0][3] 【取(り)次ぐ】 (動ガ五[四])(1)両者の間にたって,一方の意向を他方に伝える。仲立ちする。「君の言い分は私が―・いであげよう」(2)来客・電話などを当人に伝える。「秘書が―・ぐ」(3)売り手と買い手の間にたって商品の売り買いの中継ぎをする。「全国の書店に新刊を―・ぐ」[可能] とりつげる
  • と-つ・ぐ    [2] 【嫁ぐ】 (動ガ五[四])(1)よめに行く。縁づく。「娘が―・ぐ」(2)男女が交わる。交合する。「蛇,女にまき付きて即ち―・ぐ/今昔 24」[可能] とつげる
  • のり-つ・ぐ    [3] 【乗(り)継ぐ】 (動ガ五[四])別の乗り物に乗りかえて,先へ進む。「バスから電車に―・ぐ」[可能] のりつげる
  • ひき-つ・ぐ    [3] 【引(き)継ぐ】 (動ガ五[四])前任者の業務などを受け継ぐ。「所長の事務を―・ぐ」[可能] ひきつげる
  • み-つ・ぐ    【見継ぐ】 (動ガ四)(1)ずっと見守る。見届ける。「人々もあまた―・ぎ,言ひ散らさむことと/源氏(常夏)」(2)助ける。支援する。「難儀ナトコロヲ―・グ/日葡」
  • もうし-つ・ぐ    マウシ― [0] 【申(し)次ぐ・申(し)継ぐ】 (動ガ五[四])(1)後任の人に言い伝える。「前任者から―・がれた事柄」(2)「言い継ぐ」の謙譲語。取りついで申し上げる。「頼もし人にも,―・がねば,口惜しうおぼす/源氏(総角)」
  • あい-ぐ・す    アヒ― 【相具す】 (動サ変)(1)ともに引き連れる。伴う。(2)夫婦になる。連れ添う。「宰相殿と申す女房に―・して/平家 4」