简体版 繁體版
登録 ログイン

あい-な・る 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アヒ― [1] 
    【相成る】
     (動ラ五[四])
    「なる」の改まった言い方。「春暖の候と―・りました」「出入り―・らぬ」

  • あい-な    (形容詞「あいなし」の語幹から)あるまじきこと。不都合なこと。「をかしきを見給うて―のことやとわらひ給ふものから/源氏(行幸)」
  • な・る    [0] 【鳴る】 (動ラ五[四])(1)音が出る。ひびく。「発車のベルが―・る」「鐘が―・る」「伊香保嶺に神な―・りそね/万葉 3421」(2)ある特徴によって,広く知られる。「資産家で―・る家」「厳格をもって―・る教授」[慣用] 腕が―・喉(ノド)が―
  • あい-な・し    (形ク)(「あひなし(合無)」か「あいなし(愛無)」か。また,「敢へ無し」の転か)(1)道理にはずれている。あるまじきことである。「いで,その御文なほ,聞え給へ。―・し/源氏(夕霧)」(2)自分の志と違って,いやな気持ちだ。不本意だ。「おのづから聞きつけて,うらみもぞする,―・し/枕草子 270」(3)どうにもならない。むだである。「今更いと―・く便なかるべきわざなるを/浜松中納言 1」(4)
  • たあい-な・い    [4] 【他愛ない】 (形)(「たわいない」の転。「他愛」は当て字)「たわいない」に同じ。
  • おい-な・る    オヒ― 【生ひ成る】 (動ラ四)成長する。「見るままにいと美しげに―・りて/源氏(花宴)」
  • おし-な・る    【押し成る】 (動ラ四)無理になる。「院の御厩の別当に―・つて,丹波国をぞ知行しける/平家 8」
  • おひる-な・る    【御昼成る】 (動ラ四)(女房詞)おめざめになる。お起きになる。おひんなる。「暁,―・りて御聴聞/御湯殿上(永禄三)」
  • おひん-な・る    【御昼成る】 (動ラ四)(「御昼(オヒル)成(ナ)る」の転。近世女性語)お目覚めになる。おひなる。およんなる「朝はとうから―・り嫁をねめ/柳多留 21」
  • おひ-な・る    【御昼成る】 (動ラ四)「おひんなる」に同じ。「旦那様,―・つてでござりますか/人情本・玉襷」
  • おもい-な・る    オモヒ― 【思ひ成る】 (動ラ四)その気持ちになる。そう考えるようになる。「今は亡き人とひたぶるに―・りなむ/源氏(桐壺)」
  • おも-な・る    【面馴る】 (動ラ下二)(1)見なれる。顔なじみになる。「綱ひく駒も―・れにけり/蜻蛉(中)」(2)なじみになってなれなれしくなる。「今すこし―・れてこそは恨み聞えさすべかめれ/源氏(橋姫)」
  • およん-な・る    【御寝んなる】 (動ラ四)(「およるなる」の転)おやすみになる。およる。おひんなる
  • かえり-な・る    カヘリ― 【還り成る】 (動ラ四)再びもとの官職に復する。「かの,解けたりし蔵人も,―・りにけり/源氏(松風)」
  • が-な・る    [2] (動ラ五[四])(擬声語「が」に「鳴る」が付いてできた語)大きな声で言う。どなる。「大声で―・る」
  • こと-な・る    [3] 【異なる】 (動ラ五[四])(形容動詞「異(コト)」の動詞化)二つの物の間に差がある。ちがっている。「事実と―・る」「兄弟でも性格はずいぶん―・る」