简体版 繁體版
登録 ログイン

あい-な 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • (形容詞「あいなし」の語幹から)
    あるまじきこと。不都合なこと。「をかしきを見給うて―のことやとわらひ給ふものから/源氏(行幸)」

  • あい-な・し    (形ク)(「あひなし(合無)」か「あいなし(愛無)」か。また,「敢へ無し」の転か)(1)道理にはずれている。あるまじきことである。「いで,その御文なほ,聞え給へ。―・し/源氏(夕霧)」(2)自分の志と違って,いやな気持ちだ。不本意だ。「おのづから聞きつけて,うらみもぞする,―・し/枕草子 270」(3)どうにもならない。むだである。「今更いと―・く便なかるべきわざなるを/浜松中納言 1」(4)
  • あい-な・る    アヒ― [1] 【相成る】 (動ラ五[四])「なる」の改まった言い方。「春暖の候と―・りました」「出入り―・らぬ」
  • たあい-な・い    [4] 【他愛ない】 (形)(「たわいない」の転。「他愛」は当て字)「たわいない」に同じ。
  • あいだち-な・し    (形ク)(1)慎みがない。無遠慮だ。「―・くぞ愁へ給ふ/源氏(宿木)」(2)愛嬌がない。無愛想だ。「梶原平三景時といふ武士とりあへず『ただ杣山のくれであらばや』いと―・しや/増鏡(新島守)」(動詞「愛立つ」の連用形に「無し」の付いた語かと思われるが,「愛立つ」の実例は見当たらない。「間立ち無し」の意とする説もある)
  • あいだて-な・い    (形)[文]ク あいだてな・し(「あいだちなし」の転か。近世語)(1)思慮・分別を欠いている。抑制がない。「―・しとも狂気とも笑はば笑へ/浄瑠璃・用明天皇」(2)物事の度が過ぎている。途方もない。「さてもさても,―・いことを書き入れて置かれたは/狂言記・荷文」
  •     (1)五十音図ナ行第一段の仮名。歯茎鼻音の有声子音と後舌の広母音とから成る音節。 (2)平仮名「な」は「奈」の草体。片仮名「ナ」は「奈」の初二画。 ; 【魚】 〔「な(肴)」と同源〕 うお。特に食用とするもの。さかな。 「足日女(タラシヒメ)神の命(ミコト)の―釣らすと/万葉 869」 ; 【七】 なな。ななつ。数を数えるときに用いる。 「い,む,―,や」 ; 【菜】 〔「な(肴)」と同源
  • あい    【合(い)】 名詞の下に付いて,接尾語的に用いる。 (1)「ようす」「ぐあい」などの意を表す。 「色―」「肌―」 (2)意味をぼかして,婉曲(エンキヨク)な表現にする。 「意味―」「義理―」 (3)互いにその動作をする意を表す。 「にらみ―」「果し―」 ; 【埃】 (1)土ぼこり。ちり。 (2)数の単位。塵(ジン)の一〇分の一。一の一〇〇億分の一。[塵劫記] ; 【愛】 (1)対象をかけがえ
  • あい-    【相携えて行く】go together.~並んで立つ stand side by side.
  • い-な-な・く    [3][0] 【嘶く】 (動カ五[四])(「い」は馬の鳴き声)馬が声高く鳴く。いなく。「一声―・く」
  • あい-あい    [0] 【藹藹】 (ト|タル)[文]形動タリ(1)なごやかなさま。穏やかなさま。「和気―」「春霞―たる和楽の天地/火の柱(尚江)」(2)草木が盛んに茂るさま。「―たる山松皓皓たる白壁/佳人之奇遇(散士)」
  • あお-な    アヲ― [0][2] 【青菜】(1)ホウレンソウ・コマツナなど,緑色の濃い葉菜類の総称。(2)カブの古名。――に塩 塩をふりかけられた青菜のように,元気なくしおれるさまのたとえ。
  • あさ-な    【朝菜】朝食のおかず。「この川に―洗ふ児/万葉 3440」
  • あざ-な    [0] 【字】(1)中国で,男子が成人後,実名のほかにつけた名。実名を知られることを忌(イ)む風習により生じ,字がつくと実名は諱(イミナ)といってあまり使わなかった。日本でも漢学者などが用いた。名(2)他人が呼びならわした本名以外の名。あだな。(3)町や村の中の一区画。あざ。
  • あじ-な    アヂ― [0] 【味な】(形動「あじ(味)」の連体形)あじ□二□
  • あぜ-な    [2] 【畦菜】ゴマノハグサ科の一年草。田の畦などに生える。高さ15センチメートル内外。葉は楕円形で茎に対生する。夏から秋に,小さい淡紅紫色の小花を開く。母草。