简体版 繁體版
登録 ログイン

あおい-どもえ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アフヒドモヱ [4] 
    【葵巴】

    フタバアオイの葉を三枚,巴形に組み合わせた紋。徳川氏の紋。三葉葵。

  • あおいどもえ    【葵巴】 フタバアオイの葉を三枚,巴形に組み合わせた紋。徳川氏の紋。三葉葵。
  • ひだり-どもえ    ―ヱ [4] 【左巴】巴紋の一。左巻きの巴紋。
  • ふじどもえ    【藤巴】 藤紋の一。藤の房を巴に組み合わせたもの。
  • ふじ-どもえ    フヂドモヱ [3] 【藤巴】藤紋の一。藤の房を巴に組み合わせたもの。
  • ふたつ-どもえ    ―ヱ [4] 【二つ巴】巴紋の一。鞆(トモ)が二つ組み合わさった巴。巴
  • みぎどもえ    【右巴】 家紋の一。右巻きの巴紋。
  • みぎ-どもえ    ―ドモヱ [3] 【右巴】家紋の一。右巻きの巴紋。
  • みつどもえ    【三つ巴】 (1)巴紋の一。三つの巴を同じ方向に並べて円形にしたもの。 →巴 (2)勢力がほぼ同等の三者が入り乱れて争うこと。 「―の乱戦」
  • みつ-どもえ    ―ドモヱ [0][3] 【三つ巴】(1)巴紋の一。三つの巴を同じ方向に並べて円形にしたもの。巴(2)勢力がほぼ同等の三者が入り乱れて争うこと。「―の乱戦」
  • ひだりどもえ    【左巴】 巴紋の一。左巻きの巴紋。
  • ふたつどもえ    【二つ巴】 巴紋の一。鞆(トモ)が二つ組み合わさった巴。 →巴
  • もえぎ-におい    ―ニホヒ [4] 【萌葱匂】(1)(「萌葱匂縅(オドシ)」の略)萌葱色の匂縅。(2)襲(カサネ)の色目の名。萌黄色が下から上へ次第に薄くなるもの。五つ衣では紅の単(ヒトエ)。
  • あおい    【青い・蒼い】 (1)青の色をしている。広く緑など青系統の色にもいう。 「―・い空」「―・いものをもっと食べる必要がある」 〔「あおい空(海)」は「碧い」とも書く〕 (2)赤みが足りない。青ざめている。 「―・い月」「―・い顔」 (3)〔未熟の果実が青いことから〕 修行・知識などが不十分だ。まだ一人前でない。 「まだ考えが―・い」 ﹛派生﹜——さ(名)——み(名) ︱慣用︱ 尻が―/風青し 青
  • 三つどもえの争い    三つ巴の争い
  • 三つどもえの戦い    三つ巴の戦い