简体版 繁體版
登録 ログイン

あおうまのじん 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【白馬の陣】
    白馬の節会のとき,馬寮(メリヨウ)の官人が並ぶ所。「拾芥抄」は建礼門とし,「簾中抄」は春華門とする。

  • うまのじん    【右馬の陣】 内裏の修明門(シユメイモン)前にあった右馬寮(ウマリヨウ)の役人の詰め所。また,修明門の異名。
  • あおうま-の-じん    アヲ―ヂン 【白馬の陣】白馬の節会のとき,馬寮(メリヨウ)の官人が並ぶ所。「拾芥抄」は建礼門とし,「簾中抄」は春華門とする。
  • あおうまのせちえ    【白馬の節会】 朝廷の年中行事の一。正月七日,天皇が紫宸殿(シシンデン)で左右馬寮(メリヨウ)の官人の引く二一頭の「白馬」を見たのち,宴を催した。平安時代に恒例となった。この日,「白馬」を見れば年中の邪気を除くという中国の俗信によったもの。七日の節会。
  • あおうま    【青馬・白馬】 (1)青毛の馬。あおこま。 「水鳥の鴨の羽色の―を今日見る人は限りなしといふ/万葉 4494」 (2)白毛,また葦毛(アシゲ)の馬。 「降る雪に色もかはらでひく物をたれ―となづけそめけむ/兼盛集」 (3)「白馬(アオウマ)の節会(セチエ)」の略。
  • くまのじんじゃ    【熊野神社】 (1)熊野三山を本宮として,全国に勧請(カンジヨウ)された神社。 (2)島根県八束郡八雲村にある神社。祭神は神祖熊野大神櫛御気野神(素戔嗚尊(スサノオノミコト))。
  • あおうま-の-せちえ    アヲ―セチヱ 【白馬の節会】朝廷の年中行事の一。正月七日,天皇が紫宸殿(シシンデン)で左右馬寮(メリヨウ)の官人の引く二一頭の「白馬」を見たのち,宴を催した。平安時代に恒例となった。この日,「白馬」を見れば年中の邪気を除くという中国の俗信によったもの。七日の節会。
  • のじん    【野陣】 野外にかまえた陣営。野営。露営。
  • あお-うま    アヲ― 【青馬・白馬】(1)青毛の馬。あおこま。「水鳥の鴨の羽色の―を今日見る人は限りなしといふ/万葉 4494」(2)白毛,また葦毛(アシゲ)の馬。「降る雪に色もかはらでひく物をたれ―となづけそめけむ/兼盛集」(3)「白馬(アオウマ)の節会(セチエ)」の略。
  • あおう    【阿翁】 (1)妻が夫の父をいう語。 (2)祖父。 ; 【亜欧】 亜細亜(アジア)と欧羅巴(ヨーロツパ)。欧亜。
  • あまのじゃく    【天の邪鬼】 〔(2)が原義〕 (1)人の言うことやすることにわざと逆らうひねくれ者。つむじまがり。あまのじゃこ。 (2)昔話に悪者として登場する鬼。「瓜子姫」に出るものが有名。記紀神話の天探女(アマノサグメ)に由来するともいわれる。 (3)仏像で四天王や仁王が踏みつけている小さな鬼。また,毘沙門天(ビシヤモンテン)が腹部に付けている鬼面。 (4)鳥キタタキの別名。
  • うまのあし    【馬の脚・馬の足】 (1)歌舞伎で,作り物の馬の中にはいって脚になる役。二人ではいり,それぞれ前脚・後ろ脚となる。 (2)〔馬の脚にしかなれないという意から〕 下級の役者。また,へたな役者。
  • うまのお-ばち    ウマノヲ― [4] 【馬の尾蜂】膜翅目の昆虫。体長2センチメートル内外。雌は15センチメートルに達する長大な産卵管をもつのでこの名がある。体は黄褐色。シロスジカミキリの幼虫に産卵する。本州・四国・九州・台湾に分布。
  • うまのかい    【午の貝】 午の刻(正午)を知らせるために吹く法螺(ホラ)貝。 「けふもまた―こそ吹きつなれひつじのあゆみ近づきぬらん/千載(雑下)」
  • うまのかみ    【馬頭】 馬寮(メリヨウ)の長官。従五位上相当。左右一人ずついる。 ; 【右馬頭】 右馬寮(ウマリヨウ)の長官。従五位上相当。みぎのうまのかみ。
  • うまのくち    【馬の口】 馬の手綱。口取り縄。