简体版 繁體版
登録 ログイン

あおっ-ぽ・い 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アヲツ― [4] 
    【青っぽい】
     (形)
    (1)青みを帯びている。「―・い双子の著物(キモノ)を著たお銀であった/黴(秋声)」
    (2)若くて世間知らずである。未熟だ。「―・い考え方」

  • おっ-ぽ    ヲツ― [3] 【尾っぽ】しっぽ。尾。「馬の―」
  • おっ-ぽ・る    [3] 【おっ放る】 (動ラ五)(「おっ」は接頭語)「放る」を強めた俗な言い方。放り出す。放ったままにする。「仕事を―・って遊びほうける」
  • ぽ・い    (接尾)(形容詞型活用)名詞,動詞の連用形などに付いて,そのような状態を帯びている意を表す。多く上の語との間に促音が入って,「っぽい」の形で用いる。…の傾向が強い。いかにも…という感じがする。「あきっ―・い」「赤っ―・い」「やすっ―・い」「ほこりっ―・い」「子供っ―・い」
  • あおっぱな    【青っ洟】 子供などが垂らす青っぽい粘りけのある鼻汁。あおばな。
  • あおっぽい    【青っぽい】 (1)青みを帯びている。 「―・い双子の著物(キモノ)を著たお銀であった/黴(秋声)」 (2)若くて世間知らずである。未熟だ。 「―・い考え方」
  • あおっ-ぱな    アヲツ― [0][4] 【青っ洟】子供などが垂らす青っぽい粘りけのある鼻汁。あおばな。
  • あきっ-ぽ・い    [4] 【飽きっぽい】 (形)飽きやすい。「―・い性質」[派生] ――さ(名)
  • あだっ-ぽ・い    [4] 【婀娜っぽい】 (形)美しくなめまかしい。色っぽい。「―・い姿をした湯帰りの芸者/羹(潤一郎)」[派生] ――さ(名)
  • あらっ-ぽ・い    [4][0] 【粗っぽい】 (形)大まかである。粗雑だ。おおざっぱだ。「仕事が―・い」[派生] ――さ(名)
  • いろっ-ぽ・い    [4] 【色っぽい】 (形)異性をひきつける性的魅力がある。特に女性にいうことが多い。なまめかしい。「―・い目つき」[派生] ――さ(名)
  • きざっ-ぽ・い    [4] 【気障っぽい】 (形)きざなようすである。きざな感じがする。「―・い身なり」
  • くろっ-ぽ・い    [4] 【黒っぽい】 (形)(1)黒みを帯びている。(2)玄人(クロウト)らしい。「―・くなつてきたな/歌舞伎・小袖曾我」
  • ぐちっ-ぽ・い    [4] 【愚痴っぽい】 (形)愚痴をこぼしがちである。「年を取って―・くなった」
  • しけっ-ぽ・い    [4] 【湿気っぽい】 (形)何となく湿気を帯びているようである。「―・い空気」
  • しめっ-ぽ・い    [4][0] 【湿っぽい】 (形)(1)湿り気が多く,じめじめしている。湿度が高くて,じとじとしている。「雨が降り続いて家の中が―・い」(2)人々の気分や話の調子に活気がなく沈んでいる。陰気くさい。「話がだんだん―・くなる」[派生] ――さ(名)