简体版 繁體版
登録 ログイン

あおのけ 意味

読み方
"あおのけ"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【仰のけ】
    「あおむけ(仰向)」に同じ。
    「―にうしろのかたへひつくりかへれば/西洋道中膝栗毛(魯文)」

  • あおのける    【仰のける】 (顔を)上に向ける。あおむける。 「笠を―・けて見る」
  • あおのけ-ざま    アフ― 【仰のけ様】上に向いた状態。あおむけざま。「麦藁帽子を,―に戴き/当世書生気質(逍遥)」
  • あおのけざま    【仰のけ様】 上に向いた状態。あおむけざま。 「麦藁帽子を,―に戴き/当世書生気質(逍遥)」
  • あお-のけ    アフ― [0] 【仰のけ】「あおむけ(仰向)」に同じ。「―にうしろのかたへひつくりかへれば/西洋道中膝栗毛(魯文)」
  • あおの    【青野】 姓氏の一。
  • とおのける    【遠退ける】 とおのかせる。とおざける。「他人を―・ける」[日葡]
  • あおのく    【仰のく】 ※一※ (動カ五[四]) 上を向く。あおむく。[ヘボン] ※二※ (動カ下二) ⇒あおのける
  • あおのり    【青海苔】 (1)緑藻類アオサ目アオノリ属の海藻の総称。浅海や河口の岩上,磯の潮だまりなどに群生。管状または扁平で一層の細胞よりなり,緑色または黄緑色。スジアオノリ・ボウアオノリ・ヒラアオノリなど。食用。﹝季﹞春。《―や石の窪のわすれ汐/几董》 (2){(1)}を乾燥させて,ふりかけや薬味とするもの。主にスジアオノリが用いられ,市販品にはアオサも含まれる。
  • あおの-すえきち    アヲノスヱキチ 【青野季吉】(1890-1961) 評論家。新潟県生まれ。早大卒。「種蒔く人」「文芸戦線」同人。大正末期から昭和初期のプロレタリア文学運動の指導的理論家として活躍。著「文学と社会」「文学五十年」など。
  • あおのすえきち    【青野季吉】 (1890-1961) 評論家。新潟県生まれ。早大卒。「種蒔く人」「文芸戦線」同人。大正末期から昭和初期のプロレタリア文学運動の指導的理論家として活躍。著「文学と社会」「文学五十年」など。
  • あおのどうもん    【青ノ洞門】 大分県北部,山国川中流右岸にある洞門。一八世紀中頃,僧禅海が三十余年をかけて開削したといわれ,菊池寛の小説「恩讐の彼方に」の題材となった。耶馬渓(ヤバケイ)の名勝の一つ。
  • いいとよあおのひめみこ    【飯豊青皇女】 市辺押磐(イチノベノオシイワ)皇子の王女。清寧天皇の死後,一時政務を執り飯豊天皇とも称されたが世代には数えない。
  • おの    【小野】 〔「お」は接頭語〕 野。野原。 「萩が花ちるらむ―のつゆじもに/古今(秋上)」 ; 【小野】 (1)京都市山科区小野。勧修寺・小栗栖の一帯をいう。小野小町の伝説が多く,真言宗小野流の本山随心院には小町宅跡がある。 (2)京都市左京区八瀬・大原の一帯,旧小野郷をいう。「伊勢物語」第八三段,「源氏物語」夕霧と手習の巻以降の舞台。((歌枕)) (3)滋賀県彦根市鳥居本町の古名。旧宿駅。
  • おの-おの    [2] 【各・各々】■一■ (名)(1)(人間について)ひとりひとり。めいめい。各自。「―の義務」「―一つずつ持つ」(2)(事物について)ひとつひとつ。それぞれ。各個。「―の条項を参照する」■二■ (代)二人称。多人数に向かって呼びかける語。皆さん。「これ御覧ぜよ,―/平家 3」
  • あお    【襖】 〔「襖」の字音「あう」の転〕 (1)武官の朝服。「闕腋(ケツテキ)の袍(ホウ)」に同じ。 (2)「狩衣(カリギヌ)」に同じ。狩襖(カリアオ)。 「萩の―,紫苑の織物の指貫(サシヌキ)着て/更級」 (3)袷(アワセ)または綿入れの衣。襖子(アオシ)。 「紺の洗ひざらしの―着/宇治拾遺 11」 〔原始衣服と大陸から伝わったものが混在・融合したもの〕 ; 【青】 ※一※ (名) (1)色の名

例文

  • 左候て後、高ころびに、あおのけに転ばれ候ずると見え申候。