简体版 繁體版
登録 ログイン

あおり-た・てる 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アフリ― [5] 
    【煽り立てる】
     (動タ下一)[文]タ下二 あふりた・つ
    (1)風が激しくあおる。「強風に―・てられてテントが倒れる」
    (2)激しく扇動する。「射幸心を―・てる」

  • あおぎ-た・てる    アフギ― [5][0] 【扇ぎ立てる・煽ぎ立てる】 (動タ下一)[文]タ下二 あふぎた・つ(1)むやみにあおぐ。「うちわで―・てる」(2)扇動する。あおりたてる。「異国趣味を―・てる/夜明け前(藤村)」
  • あおりたてる    【煽り立てる】 (1)風が激しくあおる。 「強風に―・てられてテントが倒れる」 (2)激しく扇動する。 「射幸心を―・てる」
  • あお-た    アヲ― [0] 【青田】(1)田植えをしたイネの苗が生長し,一面に青々としている田。[季]夏。《山々を低く覚ゆる―かな/蕪村》(2)葉が青く実の熟していない田。(3)近世,京坂地方で,代金を払わないで芝居などを見物すること。また,その人。「いよ大根などと―がわるくしやれ/柳多留 88」
  • あお-てる    アヲ― [0] 【青照】芝居で,幽霊の出る場面などに薬品を燃焼して出す青い光。赤照
  • た・てる    [2] 【閉てる】 (動タ下一)[文]タ下二 た・つ立てる
  • あおり    【障泥・泥障】 鞍(クラ)の四方手(シオデ)に結び付けて馬の腹の両脇に下げる,泥よけの馬具。毛皮または皮革製。のちには装飾化し,晴天にも用いた。しょうでい。 ――を打・つ 馬を速く走らせるために鐙(アブミ)で障泥を蹴(ケ)る。 ; 【煽り】 〔「あおる(煽)」の連用形から〕 (1)強い風に物が動くこと。 「爆風の―を食らって倒れた」 (2)ある出来事が他に及ぼす影響。 「不況の―で倒産した」
  • おり-あお    ―アヲ 【織襖】浮き織りや二重(フタエ)織物で作った狩衣(カリギヌ)。
  • あおてる    【青照】 芝居で,幽霊の出る場面などに薬品を燃焼して出す青い光。 →赤照
  • あばき-た・てる    [5] 【暴き立てる】 (動タ下一)他人の秘密をことさら明るみに出す。「政敵の旧悪を―・てる」
  • あらい-た・てる    アラヒ― [5] 【洗い立てる】 (動タ下一)[文]タ下二 あらひた・つ(1)十分に洗う。(2)人の所業や物事の内情などを調べ上げて,あばく。「過去の不正の数々を―・てる」
  • いい-た・てる    イヒ― [4] 【言(い)立てる】 (動タ下一)[文]タ下二 いひた・つ(1)自説を強く主張する。「絶対反対だと―・てる」(2)一つ一つ列挙して言う。「欠陥をこまごまと―・てる」(3)口実にする。「女は病気を―・てて/あめりか物語(荷風)」
  • い-た・てる    [3][0] 【射立てる】 (動タ下一)[文]タ下二 いた・つ(1)相手に向けて盛んに矢を射る。「敵に―・てられて敗走する」(2)体に矢を突き立たせる。「矢七つ八つ―・てられて,立ち死ににこそ死にけれ/平家 7」
  • うち-た・てる    [4][0] 【打(ち)立てる】 (動タ下一)[文]タ下二 うちた・つしっかりと立てる。確立する。「新しい法則を―・てる」
  • うめ-た・てる    [4] 【埋め立てる】 (動タ下一)[文]タ下二 うめた・つ川・池・湖・海などを埋めて陸地にする。「海岸を―・ててコンビナートを作る」
  • おい-た・てる    オヒ― [4] 【追(い)立てる】 (動タ下一)[文]タ下二 おひた・つ(1)強制して立ち退かせる。「店子(タナコ)を―・てる」(2)その場から追って,他のことに向かわせる。また,せき立てる。「勉強に―・てる」「スケジュールに―・てられる」