简体版 繁體版
登録 ログイン

あお-ぐろ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アヲ― [0] 
    【青黒】

    (1)(「黝」とも書く)青みを帯びた黒。
    (2)襲(カサネ)の色目の名。表は青みの黄,裏は黒みの黄。

  • あおぐろ    【青黒】 (1)(「黝」とも書く)青みを帯びた黒。 (2)襲(カサネ)の色目の名。表は青みの黄,裏は黒みの黄。
  • あおぐろい    【青黒い・黝い】 青みを帯びた黒色をしている。 「―・い頬の辺を撫(ナ)でて/多情多恨(紅葉)」
  • あお-ぐろ・い    アヲ― [4] 【青黒い・黝い】 (形)[文]ク あをぐろ・し青みを帯びた黒色をしている。「―・い頬の辺を撫(ナ)でて/多情多恨(紅葉)」
  • あお    【襖】 〔「襖」の字音「あう」の転〕 (1)武官の朝服。「闕腋(ケツテキ)の袍(ホウ)」に同じ。 (2)「狩衣(カリギヌ)」に同じ。狩襖(カリアオ)。 「萩の―,紫苑の織物の指貫(サシヌキ)着て/更級」 (3)袷(アワセ)または綿入れの衣。襖子(アオシ)。 「紺の洗ひざらしの―着/宇治拾遺 11」 〔原始衣服と大陸から伝わったものが混在・融合したもの〕 ; 【青】 ※一※ (名) (1)色の名
  • あお-あお    アヲアヲ [3] 【青青・蒼蒼】 (副)スルいかにも青くきわ立っているさま。「―(と)茂る森」
  • いろ-ぐろ    [0] 【色黒】 (名・形動)[文]ナリ肌の色が黒い・こと(さま)。色白
  • きん-ぐろ    [0] 【金黒】堆朱(ツイシユ)で,黒い地色のものに沈金を施したもの。きんこく。
  • ぎん-ぐろ    [0] 【銀黒】銀粉に炭の粉を混ぜたもの。蒔絵(マキエ)で四分一(シブイチ)の地を作るのに用いる。
  • くろ-ぐろ    [3] 【黒黒】 (副)スルいかにも黒く際立っているさま。まっくろなさま。「―(と)した山々のシルエット」「墨―と書きつける」
  • ぐろい    穢わしい; グロ; グロテスク; 苦苦しげ; いけ好かない; 醜穢; グロい; 汚わしい; 醜怪; 汚らわしい; 忌忌しい; 奇怪千万; いやらしい; 苦苦しい; キモイ; 穢らわしい; 苦々しげ; 忌ま忌ましい; 苦々しい
  • ぐろう    【愚弄】 人を馬鹿にして,からかうこと。 「人を―する」 ; 【愚陋】 おろかでいやしい・こと(さま)。愚劣。 ; 【愚老】 一人称。老人が自分をへりくだっていう語。
  • ぐろん    【愚論】 (1)おろかな論。つまらない意見,また議論。 (2)自分の意見をへりくだっていう語。
  • すぐろ    【末黒】 春,草木を焼いたあとが一面に黒くなっていること。また,その草木。 「粟津野の―のすすきつのぐめば/後拾遺(春上)」
  • す-ぐろ    【末黒】春,草木を焼いたあとが一面に黒くなっていること。また,その草木。「粟津野の―のすすきつのぐめば/後拾遺(春上)」
  • せぐろ    【背黒】 (1)(動物などの)背の黒いこと。 (2)セグロイワシの略。