简体版 繁體版
登録 ログイン

あお-じま 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アヲ― [0] 
    【青縞】

    紺無地の平織り木綿。盲縞(メクラジマ)。

  • あおじま    【青縞】 紺無地の平織り木綿。盲縞(メクラジマ)。
  • あお    【襖】 〔「襖」の字音「あう」の転〕 (1)武官の朝服。「闕腋(ケツテキ)の袍(ホウ)」に同じ。 (2)「狩衣(カリギヌ)」に同じ。狩襖(カリアオ)。 「萩の―,紫苑の織物の指貫(サシヌキ)着て/更級」 (3)袷(アワセ)または綿入れの衣。襖子(アオシ)。 「紺の洗ひざらしの―着/宇治拾遺 11」 〔原始衣服と大陸から伝わったものが混在・融合したもの〕 ; 【青】 ※一※ (名) (1)色の名
  • あお-あお    アヲアヲ [3] 【青青・蒼蒼】 (副)スルいかにも青くきわ立っているさま。「―(と)茂る森」
  • あおあお    【青青・蒼蒼】 いかにも青くきわ立っているさま。 「―(と)茂る森」
  • あじま    【安島】 姓氏の一。
  • いえ-じま    【伊江島】沖縄県北西部,沖縄諸島の島。南東は伊江水道を隔てて沖縄島の本部半島。中央部に「伊江島タッチュー」と呼ばれる城山(グスクヤマ)がある。
  • いせ-じま    [0] 【伊勢縞】(1)伊勢国で産する木綿縞。多く仕着せとして商家の奉公人が用いた。伊勢木綿。(2)転じて,丁稚(デツチ)のこと。「―も娘の方へ抜け参り/柳多留拾遺」
  • えじま    【江島】 姓氏の一。 ; 【江島・絵島】 (1681-1741) 七代将軍徳川家継の母月光院に仕えた大奥女中。山村座の役者生島(イクシマ)新五郎との密通のかどで,1714年信濃高遠に流罪となった。
  • えた-じま    【江田島】広島湾にある島。本浦(ホンウラ)に元海軍兵学校があった。
  • え-じま    ヱ― 【絵島】淡路島の淡路町岩屋港南東の岩。海食を受けて奇観を呈する。((歌枕))「千鳥なく―の浦に澄む月を浪にうつして見る今宵かな/山家(冬)」
  • おく-じま    [0] 【奥縞・奥島】(1)サントメ縞の一種。紺と樺茶(カバチヤ)との細い縦縞の綿織物。(2)唐桟(トウザン)の異名。
  • おじま    【小島】 姓氏の一。 ; 【小島】 小さい島。こじま。
  • お-じま    ヲ― [0] 【小島】小さい島。こじま。
  • かみ-じま    【神島】三重県鳥羽市北東部,伊勢湾口の小島。周辺は好漁場で,タコの水揚げが多い。
  • きじま    【来島】 姓氏の一。