简体版 繁體版
登録 ログイン

あかぎ 意味

読み方:
"あかぎ"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【赤城】
    (1)「赤城山」の略。
    (2)旧日本海軍の代表的航空母艦。基準排水量36500トン。1942年(昭和17)6月,ミッドウェー海戦で沈没。

  • 【赤木】
    (1)トウダイグサ科の常緑高木。沖縄・台湾・東南アジア・オーストラリアなどに分布。高さ20メートルに達する。樹皮は赤褐色。葉は三小葉からなる複葉。花は小さく黄緑色。材は赤褐色を帯び,装飾材・家具材とする。カタン。
    (2)皮を削った丸木。
    ⇔黒木
    (3)花梨(カリン)・蘇芳(スオウ)・紫檀(シタン)・赤樫(アカガシ)など材の赤い木の称。

  • あかぎこ    【赤城湖】 赤城山の地蔵岳の北側にある火口原湖,大沼(オノ)の通称。湖面海抜1320メートル。
  • あかぎっぷ    【赤切符】 〔赤い色をしていたことから〕 もと,汽車の三等乗車券の俗称。
  • あかぎつね    【赤狐】 (1)日本からユーラシア・北アメリカ・北アフリカに分布する,典型的なキツネ。 (2)キツネの色相の一。全身赤黄色で,俗にいう狐色の毛色のキツネ。
  • あかぎぬ    【赤衣】 〔「あかきぬ」とも〕 (1)赤い衣。 (2)緋(ヒ)色の袍(ホウ)。五位の官人の朝服。 (3)「赤狩衣(アカカリギヌ)」に同じ。
  • あかぎやま    【赤城山】 群馬県南東部にある二重式火山。海抜1828メートル。火口原湖大沼と火口湖小沼(コノ)がある。榛名(ハルナ)山・妙義山とともに上毛三山の一。
  • あかぎれ    【皹・皸】 寒さのために手足の皮膚が乾燥して,ひびが裂けたもの。﹝季﹞冬。《―の母のおん手に触れにけり/宮部寸七翁》
  • あかぎ-こ    【赤城湖】赤城山の地蔵岳の北側にある火口原湖,大沼(オノ)の通称。湖面海抜1320メートル。
  • あかぎ-やま    【赤城山】群馬県南東部にある二重式火山。海抜1828メートル。火口原湖大沼と火口湖小沼(コノ)がある。榛名(ハルナ)山・妙義山とともに上毛三山の一。
  • かぎ    【賈誼】 (前200-前168) 中国,前漢の政治家・文学者。文帝に召されて博士となったが,大臣にうとまれ,長沙王の太傅(タイフ)に左遷される。「過秦論(カシンロン)」などの政論は,雄渾(ユウコン)流麗にして名文といわれる。著「新論」「賈長沙集」など。 ; 【嘉義】 台湾中西部の都市。北回帰線上にある。製材業・製糖業が盛ん。チアイー。 ; 【火技】 (1)銃砲を取り扱う技術。 (2)花火。 「
  • あか    【銅】 「あかがね」の略。 「―の鍋」 ; 【淦】 船底にたまった水。ふなゆ。淦水(カンスイ)。ビルジ。 〔漁師・水夫の用いる忌み詞。「閼伽(アカ)」の転か〕 ; 【亜科】 生物分類上の一階級。科と属の中間に位する。 ; 【赤】 ※一※ (名) (1)色の名。(ア)三原色の一。血のような色。(イ)桃色・橙(ダイダイ)色・あずき色・茶色など,赤系統の色の総称。 (2)赤信号。 ⇔青 「―で停止
  • あか-あか    [3] 【赤赤】■一■ (副)いかにも赤く際立っているさま。真っ赤なさま。「―(と)燃える」「―(と)照り映える夕日」■二■ (名)(女房詞)あずき。あか。
  • あい-かぎ    アヒ― [0] 【合い鍵】その錠に合わせて作った別の鍵。
  • うち-かぎ    [0] 【内鍵】内側からかけるかぎ。
  • おや-かぎ    [2][0] 【親鍵】同じ種類の錠をあけられる共通の合い鍵。マスター-キー。
  • かぎや    【鍵屋】 江戸の花火屋の屋号。鍵屋弥兵衛が1659年に創業。玉屋とならび称された。

例文

  • あかぎれが一瞬で治る薬があったらいいのになあ。
  • 唇が乾いてる時にできる、あかぎれのチャップ
  • チャップ(あかぎれ)
  • あかぎ」は新特急の名称を与えられる。
  • 赤城(あかぎ)は日本海軍の航空母艦。
  • あかぎさん」と呼ばれることもある。
  • あかぎ」は2往復の運行体制となる。
  • 赤城(あかぎ)は、大日本帝国海軍の砲艦。
  • あかぎ同様、本番組の隆盛を支えた立役者。
  • 1968年 「あかぎ」急行電車化。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5