简体版 繁體版
登録 ログイン

あかしちぢみ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【明石縮】
    経(タテ)糸に生糸,緯(ヨコ)糸に縒(ヨ)りの強い練り糸を用いてしぼを織り出した夏用絹物。寛文年間(1661-1673)明石の人,堀将俊の創始という。明治以後,新潟十日町で改良され両しぼの高級透綾縮緬(スキヤチリメン)となった。明石織。明石。

  • あかし-ちぢみ    [4] 【明石縮】経(タテ)糸に生糸,緯(ヨコ)糸に縒(ヨ)りの強い練り糸を用いてしぼを織り出した夏用絹物。寛文年間(1661-1673)明石の人,堀将俊の創始という。明治以後,新潟十日町で改良され両しぼの高級透綾縮緬(スキヤチリメン)となった。明石織。明石。
  • ちょうしちぢみ    【銚子縮】 〔千葉県銚子市から諸方に送り出すところから〕 銚子の対岸,茨城県鹿島郡波崎地方より産出する縮。
  • ちぢみ    【縮み】 (1)ちぢむこと。 「伸び―」「―具合」 (2)「縮織り」の略。
  • あわちぢみ    【阿波縮】 阿波(アワ)国から産出する木綿の縮。多くは縞織り。阿波しじら。
  • あわ-ちぢみ    アハ― [3] 【阿波縮】阿波(アワ)国から産出する木綿の縮。多くは縞織り。阿波しじら。
  • えちご-ちぢみ    ヱチゴ― [4] 【越後縮】新潟県小千谷(オヂヤ)を中心に織られる上質の麻の縮織物。撚(ヨ)りの強いよこ糸を用いて布地全体に皺(シボ)を出す。小千谷縮。越後布。越後布縮。
  • おぢや-ちぢみ    ヲヂヤ― [4] 【小千谷縮】小千谷地方で産する麻の縮織物。越後縮。
  • きぬちぢみ    【絹縮】 絹糸で織ったちぢみ。たてしぼのあるのが特徴。
  • きぬ-ちぢみ    [3] 【絹縮】絹糸で織ったちぢみ。たてしぼのあるのが特徴。
  • そうま-ちぢみ    サウマ― [4] 【相馬縮】相馬地方から産出する木綿の縮。
  • たまご-ちぢみ    [4] 【卵縮】淡黄色に染めた縮。
  • ちぢみうり    【縮売り】 縮織りを売って歩いた行商。近世,越後からのものが多かった。 「江戸へ出てのばして帰る―/柳多留 157」
  • ちぢみおり    【縮織(り)】 布面に細かい皺(シボ)を表した織物の総称。特に,緯(ヨコ)糸に強撚糸を用いて織り上げたのち,湯に浸してもみ,皺を表したもの。綿・麻・絹などを材料とする。夏用。越後縮・明石縮など →縬(シジラ)
  • ちぢみこぶ    【縮み昆布】 トロロコンブ{(2)}の別名。ちぢみこんぶ。
  • ちぢみこむ    【縮み込む】 ちぢんで中に入りこむ。はなはだしくちぢむ。 「―・む程蹴つけられ/浄瑠璃・油地獄(上)」