简体版 繁體版
登録 ログイン

あかしんぶん 意味

読み方:
"あかしんぶん"の英語

意味モバイル版携帯版

  • 【赤新聞】
    暴露記事などを主とする低俗な新聞。
    〔「万朝報(ヨロズチヨウホウ)」が淡紅色の用紙であったことから,という〕

  • あか-しんぶん    [3] 【赤新聞】暴露記事などを主とする低俗な新聞。(「万朝報(ヨロズチヨウホウ)」が淡紅色の用紙であったことから,という)
  • おお-しんぶん    オホ― [3] 【大新聞】明治前期の新聞の一形態。現在の通常の新聞の大きさで,文語口調の政論を主体とした新聞。主として教養層に読まれた。東京日日新聞・大阪日報など。小新聞
  • かべ-しんぶん    [3] 【壁新聞】主張やニュースなどを記し,職場・教室・街頭などの壁や掲示板に張り出す,一種の新聞。多くは手書き。
  • こしんぶん    【小新聞】 明治前期の新聞の一形態。タブロイド判で,論説がなく,社会面が中心。多く対話形式のやさしい文章で綴られ,振り仮名・挿絵入り。当時の読売新聞・朝日新聞など。 →大(オオ)新聞
  • こ-しんぶん    [2] 【小新聞】明治前期の新聞の一形態。タブロイド判で,論説がなく,社会面が中心。多く対話形式のやさしい文章で綴られ,振り仮名・挿絵入り。当時の読売新聞・朝日新聞など。大新聞
  • しんぶん    【真文】 ⇒しんもん(真文)(1) ; 【新聞】 (1)社会の出来事について事実や解説を広く伝える定期刊行物。一般に,日刊で社会全般のことを扱うものをいうが,週刊・旬刊・月刊のもの,経済・スポーツなど特定の分野だけを扱うものもある。日本で新聞と名のつく最初のものは1862年の「官板バタビヤ新聞」だが,現在のような体裁をもつ日刊紙としては1870年「横浜毎日新聞」の発行が最初である。 (2)「し
  • しんぶんし    【新聞紙】 (1)「新聞{(1)}」に同じ。 (2)「しんぶんがみ(新聞紙)」に同じ。
  • しんぶんや    【新聞屋】 (1)新聞の販売・配達などをする店。また,その販売人・配達人。 (2)新聞発行に関係する人,特に新聞記者に対する好意的でない呼び方。ぶんや。
  • しんぶん-がく    [3] 【新聞学】新聞の取材・編集・印刷・販売・歴史,および新聞を中心としたジャーナリズムやマス-コミュニケーションなどを研究する学問。
  • しんぶん-がみ    [0] 【新聞紙】新聞を,包装その他,単なる紙として用いる時に呼ぶ称。しんぶんし。「弁当を―でくるむ」
  • しんぶん-きじ    [5] 【新聞記事】新聞に掲載された記事。
  • しんぶん-し    [3] 【新聞紙】(1)「新聞{(1)}」に同じ。(2)「しんぶんがみ(新聞紙)」に同じ。
  • しんぶん-しゃ    [3] 【新聞社】新聞を発行する会社。
  • しんぶん-だね    [0][5] 【新聞種】新聞の記事,特に社会面の記事の材料。「―になる」(報道される側にとって都合の悪い記事をいうことが多い)
  • しんぶん-や    [0] 【新聞屋】(1)新聞の販売・配達などをする店。また,その販売人・配達人。(2)新聞発行に関係する人,特に新聞記者に対する好意的でない呼び方。ぶんや。