简体版 繁體版
登録 ログイン

あかにし 意味

読み方:
"あかにし"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【赤螺】
    (1)海産の巻貝。殻は高さ20センチメートルほどの拳(コブシ)状で厚く堅固。殻表は淡褐色で白斑が入る。殻口は大きく,赤橙色。肉は食用,殻は貝細工に用い,卵嚢(ランノウ)は「なぎなたほおずき」といって子供が口で鳴らすおもちゃにする。北海道南部以南に広く分布。
    (2)〔(1)がふたを閉じた様子を,しっかり物を握った拳に見立てて〕
    非常にけちな人をあざけっていう語。
    「旦那も随分―だねえ/歌舞伎・天衣紛」

  • あかにしょうけん    【赤荷証券】 船荷証券で,積み荷に保険がついているもの。初め赤色で印刷したところからこの名がある。赤船荷証券。
  • あかに    【赤丹】 赤色。
  • あか-にし    [2] 【赤螺】(1)海産の巻貝。殻は高さ20センチメートルほどの拳(コブシ)状で厚く堅固。殻表は淡褐色で白斑が入る。殻口は大きく,赤橙色。肉は食用,殻は貝細工に用い,卵嚢(ランノウ)は「なぎなたほおずき」といって子供が口で鳴らすおもちゃにする。北海道南部以南に広く分布。(2)((1)がふたを閉じた様子を,しっかり物を握った拳に見立てて)非常にけちな人をあざけっていう語。「旦那も随分―だねえ/
  • いかにして    どうして
  • おかにし    【岡西】 姓氏の一。
  • たかにし    【高西】 (西日本で)北西もしくは西北西の風。
  • なかにし    【中西】 姓氏の一。
  • あかにのほ    【赤丹の秀】 (酒を飲んで)赤く色にでるようす。顔色がほんのり赤くなること。 「長御膳(ミケ)の遠御膳と―に聞こしめさむ/祝詞(広瀬大忌祭)」
  • あかに-の-ほ    【赤丹の秀】(酒を飲んで)赤く色にでるようす。顔色がほんのり赤くなること。「長御膳(ミケ)の遠御膳と―に聞こしめさむ/祝詞(広瀬大忌祭)」
  • なかにし-ごどう    ―ゴダウ 【中西悟堂】(1895-1984) 野鳥研究家。金沢生まれ。幼名,富嗣。悟堂は法名。1934年(昭和9),日本野鳥の会を結成,自然保護に尽力。著「定本野鳥記」など。
  • なかにし-りゅう    ―リウ 【中西流】(1)和算の流派。江戸初期の算術家中西正好によって始められた。(2)剣術の一派。初代は中西忠太子定で,小野派一刀流宗家の小野忠一の門人。四代中西忠兵衛子正の時代に隆盛を極め,その道場は江戸で第一といわれた。中西派一刀流。
  • にしあかり    【西明(か)り】 日没後,西の空の明るいこと。また,その空。残照。
  • にし-あかり    [3] 【西明(か)り】日没後,西の空の明るいこと。また,その空。残照。
  • おかにしいちゅう    【岡西惟中】 (1639-1711) 江戸前期の国学者・俳人。鳥取の人。号,一時軒など。西山宗因に師事,談林派の理論家として貞門に対抗した。著「俳諧蒙求」「誹諧破邪顕正返答」など。
  • おかにし-いちゅう    ヲカニシヰチユウ 【岡西惟中】(1639-1711) 江戸前期の国学者・俳人。鳥取の人。号,一時軒など。西山宗因に師事,談林派の理論家として貞門に対抗した。著「俳諧蒙求」「誹諧破邪顕正返答」など。

例文

  • 本名・赤丹枝靖彦(あかにし やすひこ)。
  • 『赤西蠣太』(あかにしかきた)は、志賀直哉の小説。
  • 赤西涼(あかにし りょう、1988年3月24日生) 新人。
  • コク町三丁目に店を構える赤螺屋(あかにしや)ケチ兵衛という人。
  • 赤西 涼(あかにし りょう、1988年3月24日 - )は、日本のAV女優。
  • 『味噌蔵』:「ケチの標本」みたいな、赤螺屋(あかにしや)ケチ兵衛という人に仕えている。
  • 颯太(ふうた、本名:赤西 礼保(あかにし れお)、男性、1987年12月11日 - )は、日本の俳優である。
  • 赤西 仁(あかにし じん、1984年7月4日 - )は、日本のタレント、歌手、俳優で、男性アイドルグループKAT-TUNのメンバーである。