简体版 繁體版
登録 ログイン

あかぼう 意味

読み方:
"あかぼう"の例文"あかぼう"の英語"あかぼう"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【赤帽】
    (1)赤い帽子。
    (2)駅で旅客の手荷物を運ぶ職業の人。赤い帽子をかぶっていた。ポーター。

  • あかぼうふら    【赤孑孒】 赤虫(アカムシ){(1)}の別名。
  • あかぼう-くじら    アカバウクヂラ [5] 【赤坊鯨】(1)鯨目アカボウクジラ科の哺乳類の総称。一八種が記録されている。(2){(1)}の一種で,体長7メートル程度の中形のクジラ。短いくちばしをもつが,歯は雄の下顎に二本生えるのみ。主にイカを食べ,高緯度地方を除く全世界の外洋に広く分布する。カジッポ。
  • あかぼうくじら    【赤坊鯨】 (1)鯨目アカボウクジラ科の哺乳類の総称。一八種が記録されている。 (2){(1)}の一種で,体長7メートル程度の中形のクジラ。短いくちばしをもつが,歯は雄の下顎に二本生えるのみ。主にイカを食べ,高緯度地方を除く全世界の外洋に広く分布する。カジッポ。
  • かぼう    【仮冒】 他人の名をかたること。偽称。 「敵中理の名を―する者あり/明六雑誌 14」 ; 【火防】 火災の防止。火事の予防。防火。
  • あかぼし    【明星・赤星】 〔「あかほし」とも〕 (1)さそり座のアルファ星アンタレスのこと。 (2)明けの明星(ミヨウジヨウ)の古名。金星。
  • あかぼしの    【明星の】 (1)「あくる朝(アシタ)」にかかる。 「―あくる朝はしきたへの床の辺去らず/万葉 904」 (2)同音であることから,「飽かぬ」にかかる。 「―飽かぬ心に/古今六帖 1」
  • あかぼし-の    【明星の】 (枕詞)(1)「あくる朝(アシタ)」にかかる。「―あくる朝はしきたへの床の辺去らず/万葉 904」(2)同音であることから,「飽かぬ」にかかる。「―飽かぬ心に/古今六帖 1」
  • あかぼり    【赤堀】 姓氏の一。
  • ごかぼう    【五家宝】 〔上野国(今の群馬県)五箇村の人が初めて製したといわれる〕 もち米を蒸して干し,炒(イ)ってふくらませたものを水あめで固めて棒状にし,青きなこをまぶした菓子。今は埼玉県熊谷市の名産。
  • さかぼうき    【酒箒】 「酒林(サカバヤシ)」に同じ。
  • ざいかぼう    【在華紡】 第二次大戦前,日本の紡績資本によって中国に設立された紡績工場。
  • たかぼうし    【高帽子】 頂の高い帽子。山高帽子。
  • あかぼし-びょう    ―ビヤウ [0] 【赤星病】カビ類の寄生によるナシ・タバコなどの病害。葉の表面に赤褐色の斑点ができ,病勢が進めば葉が枯れてしまう。
  • あかぼり-しろう    ―シラウ 【赤堀四郎】(1900-1992) 化学者。静岡県生まれ。大阪大学教授,のち学長。酵素タカアミラーゼを結晶化し,タンパク質のアミノ酸残基の新しい決定法(赤堀法)を開発。
  • みっかぼうず    【三日坊主】 非常に飽きやすくて長続きしない人をあざけっていう語。

例文

  • 赤坊主(あかぼうず)は、京都府、愛媛県に伝わる妖怪。
  • 赤帽(あかぼう)とは、全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会に所属している、軽トラックを使った運送業者を指す。
  • ポーターとは、赤帽(あかぼう)とも言い、鉄道駅構内で旅客の手荷物等を客に代わり運搬する職業、またはその職業に従事している者を指す。
  • 上田市の別所線存続運動プロジェクトチーム「アイプロジェクト」のキャラクター「あかぼうしくん」は本形式が、「あかねちゃん」は倉庫となった611がモデルになっている。