简体版 繁體版
登録 ログイン

あからおぶね 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【赤ら小舟】
    赤く色を塗った小舟。
    「沖行くや―につと遣(ヤ)らば/万葉 3868」

  • あから-おぶね    ―ヲ― 【赤ら小舟】赤く色を塗った小舟。「沖行くや―につと遣(ヤ)らば/万葉 3868」
  • あしがらおぶね    【足柄小舟】 足柄山の木で作られた小舟。 「百(モモ)つ島―あるき多み/万葉 3367」
  • あからおとめ    【赤ら少女】 赤みを帯びてつやつやした肌の美しい少女。 「―をいざささばよらしな/古事記(中)」
  • おぶね    【小舟】 小さな舟。こぶね。 「捨て―」
  • あまおぶね    【海人小舟】 ※一※ (名) (1)海産の巻貝。殻は高さ約3センチメートルの半球形。殻表は黒色で,不規則に白帯が巻く。房総以南に分布し,岩礁に多産する。 (2)漁夫の乗る小舟。 「―はららに浮きて/万葉 4360」 ※二※ (枕詞) 船が泊まることを「はつ」ということから,地名「泊瀬(ハツセ)」にかかる。 「―泊瀬の山に降る雪の/万葉 2347」
  • あま-おぶね    ―ヲブネ [3] 【海人小舟】■一■ (名)(1)海産の巻貝。殻は高さ約3センチメートルの半球形。殻表は黒色で,不規則に白帯が巻く。房総以南に分布し,岩礁に多産する。(2)漁夫の乗る小舟。「―はららに浮きて/万葉 4360」■二■ (枕詞)船が泊まることを「はつ」ということから,地名「泊瀬(ハツセ)」にかかる。「―泊瀬の山に降る雪の/万葉 2347」
  • いさり-おぶね    ―ヲ― 【漁り小舟】漁をする小舟。「浪のよる―の見えつるは/夫木 33」
  • うつおぶね    【空舟】 一本の木をくりぬいて作った中空のふね。神仏の使いや異界のものが乗り漂着するという伝説が多い。のちには丸木舟のこととされた。うつほぶね。うつろぶね。 「―にいれてながされけるとぞきこえし/平家 4」
  • おおぶね    【大船】 〔「おおふね」とも〕 大きな船。 ――に乗・る 信頼できる基盤を得て,すっかり安心できる状態になる。 「―・ったつもりでいなさい」
  • おおぶねの    【大船の】 (1)大船の停泊する津,大船の楫取(カト)りなどから「津守」「渡(ワタ)りの山」「香取」などにかかる。 「―津守が占(ウラ)に告(ノ)らむとは/万葉 109」「―香取の海にいかりおろし/万葉 2436」 (2)大船が信頼しうる意から「たのむ」「思ひたのむ」にかかる。 「―思ひ頼みし君がいなば/万葉 550」 (3)大船がゆれるさまから,またゆったりしているさまから「たゆとう」「ゆた
  • おおぶね-の    オホ― 【大船の】 (枕詞)(1)大船の停泊する津,大船の楫取(カト)りなどから「津守」「渡(ワタ)りの山」「香取」などにかかる。「―津守が占(ウラ)に告(ノ)らむとは/万葉 109」「―香取の海にいかりおろし/万葉 2436」(2)大船が信頼しうる意から「たのむ」「思ひたのむ」にかかる。「―思ひ頼みし君がいなば/万葉 550」(3)大船がゆれるさまから,またゆったりしているさまから「たゆとう
  • かつおぶね    【鰹船】 カツオを釣りに沖へ出る漁船。﹝季﹞夏。
  • ささおぶね    【笹小舟】 軽い小さな舟。笹舟。
  • ささ-おぶね    ―ヲブネ [3] 【笹小舟】軽い小さな舟。笹舟。
  • しおぶね    【潮舟】 海路を行く船。 「―にま楫(カジ)しじ貫き我は帰り来む/万葉 4368」