简体版 繁體版
登録 ログイン

あか-あざ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0] 
    【赤痣】

    血管腫(ケツカンシユ)の俗称。血管の異常による赤いあざ。

  • あかあざ    【赤痣】 血管腫(ケツカンシユ)の俗称。血管の異常による赤いあざ。
  • あざ    【字】 〔「あざな」の下略か〕 町や村の中の一区画の名。大字と小字とがある。普通は小字を単に字という。 ; 【痣・黶】 (1)皮膚および皮下組織に色素細胞が異常に増殖したり,充血などによって皮膚が赤色や紫色などに変色した部分。 →母斑(ボハン) (2)あざ・ほくろ・こぶなどの総称。
  • あざ-あざ    【鮮鮮】 (副)あざやかなさま。はっきりとしたさま。「水のいろはなやかに,―として/紫式部日記」
  • あざあざ    【鮮鮮】 あざやかなさま。はっきりとしたさま。 「水のいろはなやかに,―として/紫式部日記」
  • あざあざし    【鮮鮮し】 はっきりとしている。あざやかだ。 「―・しくは申さねども,あらあら一義を顕はすべし/謡曲・賀茂」
  • あざあざ・し    【鮮鮮し】 (形シク)はっきりとしている。あざやかだ。「―・しくは申さねども,あらあら一義を顕はすべし/謡曲・賀茂」
  • あか    【銅】 「あかがね」の略。 「―の鍋」 ; 【淦】 船底にたまった水。ふなゆ。淦水(カンスイ)。ビルジ。 〔漁師・水夫の用いる忌み詞。「閼伽(アカ)」の転か〕 ; 【亜科】 生物分類上の一階級。科と属の中間に位する。 ; 【赤】 ※一※ (名) (1)色の名。(ア)三原色の一。血のような色。(イ)桃色・橙(ダイダイ)色・あずき色・茶色など,赤系統の色の総称。 (2)赤信号。 ⇔青 「―で停止
  • あお-あざ    アヲ― [0] 【青痣】内出血などによってできる青黒く見えるあざ。
  • あざう    【糾ふ・叉ふ】 組み合わせる。より合わせる。交差させる。あざなう。 「筆を抛(ナゲウツ)て手を―・へ/太平記 4」
  • あざな    【字】 (1)中国で,男子が成人後,実名のほかにつけた名。実名を知られることを忌(イ)む風習により生じ,字がつくと実名は諱(イミナ)といってあまり使わなかった。日本でも漢学者などが用いた。 →名(ナ) (2)他人が呼びならわした本名以外の名。あだな。 (3)町や村の中の一区画。あざ。
  • あざぶ    【麻布】 東京都港区中西部の地名。旧区名。江戸時代,大名・武家屋敷地。諸外国の公館が多い。 ――で気が知れぬ 江戸の麻布に六本木という地名があるが,それに相当する木がないので,「木」に「気」をかけて「気が知れぬ」と洒落(シヤレ)ていったもの。一説に,「黄が知れぬ」からとも。
  • あざみ    【薊】 キク科アザミ属の植物の総称。一般に多年草で,大形のものが多い。葉は羽状に裂け,縁にとげがある。花は多数の管状花からなる頭花で,春から秋に咲き,淡紅色・紅紫色まれに白色。ノアザミ・フジアザミ・モリアザミ・オニアザミなど種類が多い。﹝季﹞春。
  • あざり    【阿闍梨】 「あじゃり(阿闍梨)」に同じ。 「願なども立てさせむとて―ものせよと言ひやりつるは/源氏(夕顔)」
  • あざる    【戯る】 ※一※ (動ラ下二) (1)ふざける。たわむれる。 「潮海(シオウミ)のほとりにて―・れあへり/土左」 (2)打ち解ける。くだけた態度をとる。 「―・れたる大君姿のなまめきたるにて/源氏(花宴)」 (3)しゃれる。風流である。 「返しはつかうまつりけがさじ。―・れたり/枕草子 87」 ※二※ (動ラ四) ふざける。たわむれる。 「中よりつがひの鳩とび出,桜につたひ―・りける/浄瑠璃・
  • あざ・う    アザフ 【糾ふ・叉ふ】 (動ハ下二)組み合わせる。より合わせる。交差させる。あざなう。「筆を抛(ナゲウツ)て手を―・へ/太平記 4」