简体版 繁體版
登録 ログイン

あか-とき 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【暁】
    (「明(ア)か時(トキ)」の意。「あかつき」の古形)
    「あかつき(暁)」に同じ。「―に名告(ノ)り鳴くなるほととぎす/万葉 4084」

  • あかとき    【暁】 〔「明(ア)か時(トキ)」の意。「あかつき」の古形〕 「あかつき(暁)」に同じ。 「―に名告(ノ)り鳴くなるほととぎす/万葉 4084」
  • ときあかす    【説(き)明かす】 物事の意味・内容をよくわかるように説く。説明する。 「古典の内容を―・す」 ‖可能‖ ときあかせる ; 【解(き)明かす】 問題を解決してその意味を明らかにする。解明する。 「其の疑は皆虚(ウソ)だと云ふことを―・すことは出来ませず/谷間の姫百合(謙澄)」 ‖可能‖ ときあかせる
  • ときあかり    【時明かり】 (1)明け方になって,東方がかすかに明るくなること。 (2)雨天の時,空がときどき明るくなること。 「―でもおつ立てる初のぼり/柳多留 56」
  • とき-あかり    [3] 【時明かり】(1)明け方になって,東方がかすかに明るくなること。(2)雨天の時,空がときどき明るくなること。「―でもおつ立てる初のぼり/柳多留 56」
  • とき-あか・す    [4][0] 【説(き)明かす】 (動サ五[四])物事の意味・内容をよくわかるように説く。説明する。「古典の内容を―・す」[可能] ときあかせる
  • あかとき-くたち    【暁降ち】夜がふけて,暁になる時分。「今夜の―鳴く鶴(タズ)の/万葉 2269」
  • あかときくたち    【暁降ち】 夜がふけて,暁になる時分。 「今夜の―鳴く鶴(タズ)の/万葉 2269」
  • あかはしもりとき    【赤橋守時】 (?-1333) 鎌倉幕府最後の執権。妹は足利尊氏の室。新田義貞の鎌倉攻めの際,防戦の末自刃。
  • あかはし-もりとき    【赤橋守時】(?-1333) 鎌倉幕府最後の執権。妹は足利尊氏の室。新田義貞の鎌倉攻めの際,防戦の末自刃。
  • とき    【土岐】 岐阜県南部の市。東濃地方にある美濃焼の中心地の一。食器を多く生産。 ; 【土岐】 姓氏の一。美濃国守護。清和源氏頼光流。美濃国土岐郡土岐郷より起こる。戦国末,頼芸は斎藤道三に逐われ没落。 ; 【鴇・朱鷺・桃花鳥】 コウノトリ目トキ科の鳥。学名ニッポニア-ニッポン。全長約75センチメートル。全身が白色の羽毛に覆われ,後頭部に長い冠羽がある。翼や尾羽は淡紅色(鴇色)を呈し,顔の裸出部と脚
  • あか    【銅】 「あかがね」の略。 「―の鍋」 ; 【淦】 船底にたまった水。ふなゆ。淦水(カンスイ)。ビルジ。 〔漁師・水夫の用いる忌み詞。「閼伽(アカ)」の転か〕 ; 【亜科】 生物分類上の一階級。科と属の中間に位する。 ; 【赤】 ※一※ (名) (1)色の名。(ア)三原色の一。血のような色。(イ)桃色・橙(ダイダイ)色・あずき色・茶色など,赤系統の色の総称。 (2)赤信号。 ⇔青 「―で停止
  • あか-あか    [3] 【赤赤】■一■ (副)いかにも赤く際立っているさま。真っ赤なさま。「―(と)燃える」「―(と)照り映える夕日」■二■ (名)(女房詞)あずき。あか。
  • いっ-とき    [4][0] 【一時】(1)少しの間。しばらく。片時(カタトキ)。「―も休めない」「―のひまも惜しむ」(2)ある一時期。「―ほどの元気は見られない」(3)昔の時間区分。一刻。とき
  • えとき    【絵解き】 (1)絵の意味を説明すること。特に,涅槃図(ネハンズ)・曼荼羅(マンダラ)・寺社の縁起絵・高僧伝絵などの宗教的絵画について意味を説明すること。また,その言葉やそれを行う人。鎌倉時代より芸能化しはじめ,室町時代には俗人の解説者も現れた。 (2)絵を使って説明を補うこと。 「分かりやすいように―(を)する」 (3)事情や経緯を分かりやすく説明すること。なぞをとくこと。 「事件の―をする
  • え-とき    ヱ― [0][3] 【絵解き】 (名)スル(1)絵の意味を説明すること。特に,涅槃図(ネハンズ)・曼荼羅(マンダラ)・寺社の縁起絵・高僧伝絵などの宗教的絵画について意味を説明すること。また,その言葉やそれを行う人。鎌倉時代より芸能化しはじめ,室町時代には俗人の解説者も現れた。(2)絵を使って説明を補うこと。「分かりやすいように―(を)する」(3)事情や経緯を分かりやすく説明すること。なぞをとく