简体版 繁體版
登録 ログイン

あきぜみ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【秋蝉】
    秋になって鳴く蝉。特に,ツクツクボウシ・ヒグラシなど。

  • あき-ぜみ    [0][2] 【秋蝉】秋になって鳴く蝉。特に,ツクツクボウシ・ヒグラシなど。
  • きぜい    【亀筮】 「亀卜(キボク)」に同じ。
  • きぜつ    【気絶】 一時的に意識を失うこと。失神。 「激痛のあまり―した」 ; 【奇絶】 非常に珍しい・こと(さま)。絶妙。 「景光の―なる/真善美日本人(雪嶺)」
  • きぜわ    【生世話】 「生世話物」の略。
  • きぜん    【気前】 〔気前(キマエ)の音読み〕 (1)気だて。性質。気がまえ。 「年頃は五十余になれども―若く/洒落本・青楼娭言解」 (2)気分。心持ち。 「いい―な/滑稽本・膝栗毛(初)」 ; 【喟然】 ため息をついて嘆くさま。嘆息するさま。 「―として歎息して/浮雲(四迷)」 ; 【毅然】 意志が強く,物事に動じないさま。意志・信念を断固貫くさま。 「―たる態度」「―として守る所を失ふなき/真善
  • うま-ぜみ    [2] 【馬蝉】クマゼミの別名。
  • えぞ-ぜみ    [2] 【蝦夷蝉】大形のセミ。体長ははねの先端までが68ミリメートルほど。からだは黒色で,頭胸部背面に黄斑があり,中胸背には広い赤褐色斑がある。はねは透明。ギーギーと鳴く。北海道・本州・四国・九州に分布。
  • おし-ぜみ    [2] 【唖蝉】鳴かない蝉。雌(メス)の蝉。[季]夏。
  • かん-ぜみ    [1][0] 【寒蝉】秋に鳴く蝉。蜩(ヒグラシ)など。かんせん。
  • くま-ぜみ    [2] 【熊蝉】セミの一種。大形で頭からはねの端まで約6センチメートル。体は黒色で,金色の微毛におおわれる。はねは透明で基部のみ黒色。盛夏の頃にシャーシャーと大声で鳴く。関東以南の各地と東南アジアに分布。蚱蝉(サクゼン)。
  • つの-ぜみ    [2] 【角蝉】半翅目ツノゼミ科の昆虫。体長約6ミリメートル。体形はセミに似る。全身黒色。はねは透明だが黄色を帯びる。胸部背面に角状の突起がある。アザミやヨモギにつく。日本各地の山地にみられる。
  • なつ-ぜみ    [0] 【夏蝉】夏に鳴くセミの総称。
  • はつ-ぜみ    [0] 【初蝉】その年に初めて鳴く蝉。[季]夏。
  • はる-ぜみ    [2] 【春蝉】セミの一種。頭から翅端まで約35ミリメートル。体は黒色だが雌は褐色斑が散在する。はねは透明。五,六月に松林などでギーギーと鳴く。本州・四国・九州の暖地に分布する日本特産種。マツゼミ。[季]夏。
  • まつ-ぜみ    [2] 【松蝉】ハルゼミの異名。[季]夏。《―や二つ三つづつ鳴き揃ふ/高野素十》