简体版 繁體版
登録 ログイン

あきたり∘ない 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【飽き足りない】
     (連語)
    十分に満足できない。「―∘ない結果」
    飽き足りる

  • あきたりない    【飽き足りない】 十分に満足できない。 「―ない結果」 →飽き足りる
  • あきたりる    【飽(き)足りる・慊りる】 〔四段動詞「飽き足る」の上一段化。近世江戸語以降の語。多く下に打ち消しの語を伴う〕 「あきたる」に同じ。 「現状に―・りなくなった」「人生の欲に―・りるより起つた迷ひだ/露団々(露伴)」
  • あきたら∘ない    【飽き足らない】 (連語)十分に満足できない。あきたらぬ。「―∘ない思い」あきたる
  • あきたらない    【飽き足らない】 十分に満足できない。あきたらぬ。 「―ない思い」 →あきたる
  • あきた    【秋田】 (1)東北地方西部の県。かつての羽後国の大半と陸中国の一部を占める。西は日本海で,中央は出羽山地,東部は奥羽山脈となる。北部の米代川流域に大館盆地・能代(ノシロ)平野,南部の雄物(オモノ)川流域に横手盆地・秋田平野がある。県庁所在地,秋田市。 (2)秋田県中西部,雄物川下流域の市。県庁所在地。近世,佐竹氏二〇万石の城下町で,久保田と称した。商業が発達,また秋田港(土崎港)地区は製紙・
  • あき-ない    ―ナヒ [2] 【商い】(1)品物を売買すること。商売。(2)売り上げ。「―が少ない」――は牛の涎(ヨダレ) 商売は牛の涎のように,細く長く続けるのがよい,の意。
  • あきたいぬ    【秋田犬】 イヌの一品種。秋田県大館付近原産。体高65センチメートル程度。尾は太く,背の上に巻いている。勇猛で番犬に適する。天然記念物。あきたけん。
  • あきたおり    【秋田織】 秋田地方に産する絹織物の総称。畝織(ウネオリ)・黄八丈(キハチジヨウ)などがある。
  • あきたぎん    【秋田銀】 江戸時代,秋田藩で鋳造した銀貨。極印銀・灰吹銀(ハイフキギン)・銀小判などがある。
  • あきたし    【飽きたし】 〔「あきいたし」の転。「いたし」は甚だしいの意〕 あきあきする。うんざりして,いやになる。 「よくせずは―・き事もありなむや/源氏(帚木)」
  • あきたすぎ    【秋田杉】 秋田県に産する高樹齢の良質な杉。高級建築材。日本三大美林の一。
  • あきたせん    【秋田銭】 江戸時代,秋田で鋳造した銭貨。主として寛永通宝と天保通宝。
  • あきたぶき    【秋田蕗】 秋田をはじめ東北地方に産するフキ。大形で,葉柄の高さは2メートルにも達する。茎を砂糖漬けにする。
  • あきたる    【飽(き)足る・慊る】 〔古くは「あきだる」。多く下に打ち消しの語を伴う〕 十分に満足する。あきたりる。 「―・らぬ気持ち」「音楽のやうな芸術の楽は,直に―・つてしまつて/うづまき(敏)」
  • あきた-いぬ    [3][0] 【秋田犬】イヌの一品種。秋田県大館付近原産。体高65センチメートル程度。尾は太く,背の上に巻いている。勇猛で番犬に適する。天然記念物。あきたけん。