简体版 繁體版
登録 ログイン

あくじょ 意味

読み方:
"あくじょ"の例文"あくじょ"の英語

意味モバイル版携帯版

  • 【悪女】
    (1)性質のよくない女。
    (2)容貌の醜い女。
    ――の深情(フカナサ)け
    醜い女性はかえって情が深いということ。普通,ありがた迷惑だという意で使う。

  • あくじょう    【悪尉】 能面の一。恐ろしい顔の尉の面。「恋重荷(コイノオモニ)」「白髭(シラヒゲ)」などの後ジテに用いる。
  • あくじょうけん    【悪条件】 成立・成功をはばむ悪い事柄。 「―を克服して優勝する」
  • いあくじょうそう    【帷幄上奏】 明治憲法下で,陸軍の参謀総長,海軍の軍令部総長などが,内閣から独立して軍機・軍令に関する事項を天皇に直接上奏したこと。軍部の政治介入の要因となった。
  • あくじ    【悪事】 悪いおこない。 「―が露見する」 ――千里を=走る(=行く) 〔宋の説話集「北夢瑣言」より〕 悪いおこないや悪い評判はすぐに世間に知れわたる。 ⇔好事門を出(イ)でず
  • あくじき    【悪食】 (1)普通,人が口にしない物を食べること。いかものぐい。 「好んで―する」 (2)粗末な食事。粗食。 (3)仏教で,禁じられた獣肉を食べること。
  • あくじん    【悪神】 悪い神。災いをなす神。
  • あく-じょ    ―ヂヨ [1] 【悪女】(1)性質のよくない女。(2)容貌の醜い女。――の深情(フカナサ)け 醜い女性はかえって情が深いということ。普通,ありがた迷惑だという意で使う。
  • くじょ    【駆除】 害虫などを追い払ったり,殺したりして除くこと。 「害虫を―する」
  • あく-じょう    [2][0] 【悪尉】能面の一。恐ろしい顔の尉の面。「恋重荷(コイノオモニ)」「白髭(シラヒゲ)」などの後ジテに用いる。
  • じょくあく    【濁悪】 〔仏〕 末世に起こる現象である五濁と,人間の悪行である十悪と。人心が汚れ,罪悪が満ちていること。
  • じょく-あく    ヂヨク― [0] 【濁悪】(仏) 末世に起こる現象である五濁と,人間の悪行である十悪と。人心が汚れ,罪悪が満ちていること。
  • あくじゅんかん    【悪循環】 ある物事が他に悪い影響をもたらし,それがまた,もとの物事に悪い影響をもたらすというように,相互に際限なく悪い影響を与え続ける状態。 「―を繰り返す」「―を断つ」
  • ごくじゅう-あくにん    ―ヂユウ― [5] 【極重悪人】この上ない大悪人。極悪人。「社会の大罪人,―/女房殺し(水蔭)」
  • いがくじょ    【医学所】 江戸幕府の西洋医学校。1858年伊東玄朴ら蘭方医が神田お玉ヶ池につくった種痘所が始まり。東京大学医学部の前身。
  • おくじょう    【屋上】 (1)屋根の上。 (2)ビルなどの屋根の上で,人が出られるようにしてある平らな場所。 ――屋(オク)を架(カ)す 「屋下(オクカ)に屋を架す」に同じ。

例文

  • 悪女(あくじょ)は、悪い女性のこと。
  • 悪尉(あくじょう) 強く恐そうな顔の老人。
  • 統帥部は内閣を経ないで天皇に決定を求める帷幄上奏権(いあくじょうそうけん)という特権を有した。
  • 中国三大悪女(ちゅうごくさんだいあくじょ)とは中国の歴史上において特に国を陥れたとされる3人の女性のこと。
  • 現在は、女性週刊誌・青年誌などに『悪女聖書(あくじょばいぶる)』(池田悦子原作)など、官能的な漫画作品を連載している。
  • 帷幄上奏(いあくじょうそう)とは、君主制をとる国家において帷幄機関である軍部が軍事に関する問題を君主にたいして上奏すること。
  • 100億の悪女ふたり(100おくのあくじょふたり)は2002年4月6日にテレビ朝日系・土曜ワイド劇場枠で放送された二時間ドラマ。
  • 悪女の招待状(あくじょのしょうたいじょう)は、1982年7月26日から9月27日まで、テレビ朝日系で放送されたサスペンスタッチのドラマ。