简体版 繁體版
登録 ログイン

あくたがわ 意味

読み方:
"あくたがわ"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【芥川】
    (1)大阪府と京都府の境にある明神岳付近に源を発し,南流して高槻市付近で淀川に注ぐ川。また,その近辺の高槻市の地名。((歌枕))「人をとく―てふ津の国の名にはたがはぬものにぞありける/拾遺(恋五)」
    (2)狂言の一。生田八幡に参詣する生姜手(シヨウガデ)の男と足の悪い男とが,芥川を渡り,互いに和歌でひやかし合う。脛薑(スネハジカミ)。

  • 【芥川】
    姓氏の一。

  • あくたがわしょう    【芥川賞】 芥川竜之介を記念し,1935年(昭和10)文芸春秋社の菊池寛が設けた文学賞。年二回,すぐれた純文学の作品を発表した新人作家に贈られる。
  • あくたがわやすし    【芥川也寸志】 (1925-1989) 作曲家。東京生まれ。東京音楽学校卒。竜之介の三男。橋本国彦らに師事。放送・バレエ・映画音楽など作品多数。代表作「交響管弦楽のための音楽」
  • あくたがわ-しょう    アクタガハシヤウ [5] 【芥川賞】芥川竜之介を記念し,1935年(昭和10)文芸春秋社の菊池寛が設けた文学賞。年二回,すぐれた純文学の作品を発表した新人作家に贈られる。
  • あくたがわ-やすし    アクタガハ― 【芥川也寸志】(1925-1989) 作曲家。東京生まれ。東京音楽学校卒。竜之介の三男。橋本国彦らに師事。放送・バレエ・映画音楽など作品多数。代表作「交響管弦楽のための音楽」
  • あくたがわたんきゅう    【芥川丹丘】 (1710-1785) 江戸中期の儒者・漢詩人。京都の人。名は煥,字(アザナ)は彦章。宇野明霞・伊藤東涯・服部南郭らに師事して,華音・白話小説にも通じた。著「薔薇館集」「丹丘詩話」など。
  • あくたがわりゅうのすけ    【芥川竜之介】 (1892-1927) 小説家。東京生まれ。号,澄江堂主人・我鬼など。東大卒。第三次・第四次「新思潮」同人。「鼻」で夏目漱石に激賞され,才気あふれるさまざまな作風の短編小説を書きつぐ。「何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」を抱いて服毒自殺。作品「羅生門」「芋粥」「地獄変」「河童」「歯車」など。
  • あくたがわ-たんきゅう    アクタガハタンキウ 【芥川丹丘】(1710-1785) 江戸中期の儒者・漢詩人。京都の人。名は煥,字(アザナ)は彦章。宇野明霞・伊藤東涯・服部南郭らに師事して,華音・白話小説にも通じた。著「薔薇館集」「丹丘詩話」など。
  • あくたがわ-りゅうのすけ    アクタガハ― 【芥川竜之介】(1892-1927) 小説家。東京生まれ。号,澄江堂主人・我鬼など。東大卒。第三次・第四次「新思潮」同人。「鼻」で夏目漱石に激賞され,才気あふれるさまざまな作風の短編小説を書きつぐ。「何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」を抱いて服毒自殺。作品「羅生門」「芋粥」「地獄変」「河童」「歯車」など。
  • いくたがわ    【生田川】 神戸市中を流れる川。摩耶(マヤ)山を水源として,布引(ヌノビキ)の滝をなし,神戸港に入る。葦屋(アシヤ)の菟原処女(ウナイオトメ)が二人の男(菟原(ウナイ)・血沼(チヌ))に求婚されて入水した妻争い伝説で有名(「万葉集 1809」「大和物語 147」)。謡曲「求塚」や森鴎外の戯曲「生田川」の素材となる。((歌枕))
  • あくた-がわ    ―ガハ 【芥川】(1)大阪府と京都府の境にある明神岳付近に源を発し,南流して高槻市付近で淀川に注ぐ川。また,その近辺の高槻市の地名。((歌枕))「人をとく―てふ津の国の名にはたがはぬものにぞありける/拾遺(恋五)」(2)狂言の一。生田八幡に参詣する生姜手(シヨウガデ)の男と足の悪い男とが,芥川を渡り,互いに和歌でひやかし合う。脛薑(スネハジカミ)。
  • あくた    【芥】 ごみ。ちり。くず。転じて,つまらないもの。 「最愛(イトオシ)みし人は―の如く我を悪(ニク)めるよ/金色夜叉(紅葉)」
  • あくた-もくた    (「芥藻屑(アクタモクズ)」の転という)(1)何の役にも立たないつまらないもの。がらくた。「ただ―をかきながせ/戴恩記」(2)欠点。短所。また,人の欠点をあげて悪口を言うこと。「充満坪の煤はきするやうに―をまけ出して/洒落本・船頭部屋」
  • たがわ    【田川】 福岡県中北部,遠賀川河畔の市。かつて筑豊第一の炭田地帯。石灰石の産出が多く,セメント工業が立地。 ; 【田河】 姓氏の一。 ; 【田川】 田の間を流れる川。
  • あくたもくた    〔「芥藻屑(アクタモクズ)」の転という〕 (1)何の役にも立たないつまらないもの。がらくた。 「ただ―をかきながせ/戴恩記」 (2)欠点。短所。また,人の欠点をあげて悪口を言うこと。 「充満坪の煤はきするやうに―をまけ出して/洒落本・船頭部屋」
  • あくたい    【悪態】 憎まれ口。悪口。あくたい口。あくたれ口。 「―の限りを尽くす」 ――をつ・く (面と向かって)悪口を言う。

例文

  • 芥川(あくたがわ): 大阪府高槻市。
  • 芥川城(あくたがわじょう)は大阪府高槻市にある城。
  • 現実世界での名前は芥川白雪(あくたがわ しらゆき)。
  • あくたがわさんじょう)は大阪府高槻市の三好山にあった城。
  • あくたがわさんじょう)は大阪府高槻市の三好山にあった城。
  • 芥川(あくたがわ)は、主に大阪府高槻市を流れる淀川水系の一級河川。
  • 芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)は、純文学の新人に与えられる文学賞。
  • 芥川製菓(あくたがわせいか)は、チョコレート菓子の製造・販売している日本の企業である。
  • あくあぴあ芥川(― あくたがわ)は大阪府高槻市南平台にある水族館、かつ鳥類・昆虫展示館。
  • あくあぴあ芥川(― あくたがわ)は大阪府高槻市南平台にある水族館、かつ鳥類・昆虫展示館。
  • もっと例文:  1  2  3