简体版 繁體版
登録 ログイン

あくた場 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 捨て場
  • 捨場
  • 芥場
  • ゴミ捨て場
  • 塵溜め
  • 掃き溜め
  • あくた    【芥】 ごみ。ちり。くず。転じて,つまらないもの。 「最愛(イトオシ)みし人は―の如く我を悪(ニク)めるよ/金色夜叉(紅葉)」
  • あくた-もくた    (「芥藻屑(アクタモクズ)」の転という)(1)何の役にも立たないつまらないもの。がらくた。「ただ―をかきながせ/戴恩記」(2)欠点。短所。また,人の欠点をあげて悪口を言うこと。「充満坪の煤はきするやうに―をまけ出して/洒落本・船頭部屋」
  • あくたもくた    〔「芥藻屑(アクタモクズ)」の転という〕 (1)何の役にも立たないつまらないもの。がらくた。 「ただ―をかきながせ/戴恩記」 (2)欠点。短所。また,人の欠点をあげて悪口を言うこと。 「充満坪の煤はきするやうに―をまけ出して/洒落本・船頭部屋」
  • あくたい    【悪態】 憎まれ口。悪口。あくたい口。あくたれ口。 「―の限りを尽くす」 ――をつ・く (面と向かって)悪口を言う。
  • あくたい-ぐち    [3] 【悪態口】「あくたい」に同じ。
  • あくたがわ    【芥川】 (1)大阪府と京都府の境にある明神岳付近に源を発し,南流して高槻市付近で淀川に注ぐ川。また,その近辺の高槻市の地名。((歌枕))「人をとく―てふ津の国の名にはたがはぬものにぞありける/拾遺(恋五)」 (2)狂言の一。生田八幡に参詣する生姜手(シヨウガデ)の男と足の悪い男とが,芥川を渡り,互いに和歌でひやかし合う。脛薑(スネハジカミ)。 ; 【芥川】 姓氏の一。
  • あくたび    【芥火】 海人(アマ)が藻屑(モクズ)を燃やす火。
  • あくたむし    【芥虫】 ゴキブリの古名。[本草和名]
  • あくたれ    【悪たれ】 (1)憎まれ口をきいたり,乱暴をしたりして人に嫌がらせをすること。また,その人。 「―小僧」 (2)「悪たれ口」に同じ。
  • あくたれる    【悪たれる】 乱暴・無法なことを言ったりしたりする。いたずらをする。また,すねる。 「―・れて其の場に行倒れたまゝ鼾をかいたりする/あめりか物語(荷風)」
  • あくたれ-ぐち    [4] 【悪たれ口】わざわざ相手を怒らせるように言う言葉。憎まれ口。あくたれ。「―をたたく」
  • あくたれ-もの    [0][6] 【悪たれ者】すぐに乱暴する者。また,悪たれ口をきく者。
  • あくたろう    【悪太郎】 狂言の一。酔って寝ている間に叔父に坊主にされた悪太郎は,それまでの乱暴を後悔し,通りかかった念仏僧とともに殊勝に念仏を唱える。 ; 【悪太郎】 (1)いたずらな子供をののしっていう語。いたずら小僧。 (2)乱暴者。 「―と申て,さけにようては,あくぎやく仕たるが/狂言・悪太郎」
  • あくた-がわ    ―ガハ 【芥川】(1)大阪府と京都府の境にある明神岳付近に源を発し,南流して高槻市付近で淀川に注ぐ川。また,その近辺の高槻市の地名。((歌枕))「人をとく―てふ津の国の名にはたがはぬものにぞありける/拾遺(恋五)」(2)狂言の一。生田八幡に参詣する生姜手(シヨウガデ)の男と足の悪い男とが,芥川を渡り,互いに和歌でひやかし合う。脛薑(スネハジカミ)。
  • あくた-び    【芥火】海人(アマ)が藻屑(モクズ)を燃やす火。