简体版 繁體版
登録 ログイン

あく-だま 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0] 
    【悪玉・悪魂】

    (江戸時代の草双紙で,心学の考えに基づいて人物の顔を丸く描き,その中に善人には「善」,悪人には「悪」とだけ書いてその類型を示したことから)
    悪人。
    善玉

  • あくだま    【悪玉・悪魂】 〔江戸時代の草双紙で,心学の考えに基づいて人物の顔を丸く描き,その中に善人には「善」,悪人には「悪」とだけ書いてその類型を示したことから〕 悪人。 ⇔善玉
  • あくだまか    【悪玉化】 ⇒スケープゴーティング
  • あくだま-か    ―クワ [0] 【悪玉化】スケープゴーティング
  • だま    凧(タコ)を上昇させる時,糸を繰り出すこと。[俚言集覧] ――を食・う 人からだまされる。 「―・つちやあ面が立たぬから/歌舞伎・八重霞曾我組糸」 ――を食わ・す 人をだます。 「此中の晩も―・した/滑稽本・浮世床(初)」 ――を出・す 心の底までさらけ出す。 「…只男丈にそこ迄は―・さない/草枕(漱石)」 ; 小麦粉などを水に溶いた時,完全に溶けずにできるかたまり。
  • あく    【悪】 ※一※ ① (名) (1)わるいこと。否定すべき物事。道徳・法律などに背く行動や考え。 ⇔善 「近代社会が内包する―」「―の道に走る」「―の限りを尽くす」 (2)演劇で,敵役。悪役。 (3)〔近世語〕 悪口。悪態。 「よく―をいひなんす。ちつとだまんなんし/洒落本・妓娼精子」 ※二※ (接頭) 名詞に付いて,畏敬の念を抱かせるほど荒々しく強い意を表す。 「―七兵衛」「―源太」 ――に強
  • だまし-だまし    【騙し騙し】 (連語)(1)だましながら。(2)手加減しながら,また調子を見ながら。「オンボロ車を―運転する」
  • あい-だま    アヰ― [0] 【藍玉】藍の葉を発酵させ,臼(ウス)でついて固めたもの。玉藍。[季]夏。藍染め
  • あか-だま    [0] 【赤玉・赤珠】(1)赤い玉。(2)碧玉(ヘキギヨク)の一種。赤色で庭石や盆石として珍重される。佐渡などに産する。(3)琥珀(コハク)。[本草和名]
  • あげ-だま    [0] 【揚(げ)玉】(1)天ぷらを揚げた際にできるかす。天かす。(2)丸い形のさつま揚げ。揚げボール。(3)兜(カブト)の頂上,息出し穴の周りに付ける装飾用金具。上げ玉。
  • あめ-だま    [0] 【飴玉】球状にまるめた固形の飴。
  • いろ-だま    【色玉】ザクロの異名。
  • うす-だま    [0] 【臼玉】古墳時代の玉の一。径5ミリメートル前後,厚さ2~3ミリメートルの円盤の中央に穴をうがったもの。滑石製が多い。祭祀(サイシ)に用いたらしい。
  • おや-だま    [0] 【親玉】(1)一つの集団における中心的な人物の俗な言い方。親分。ボス。「泥棒の―」(2)数珠の中心となる最も大きな玉。(3)芝居の座頭(ザガシラ)・立者(タテモノ)などをほめて呼ぶ語。特に,四世以降の市川団十郎の称。
  • かえ-だま    カヘ― [0] 【替(え)玉】(1)本物の代わりに使うにせもの。(2)本人だと見せかけて別人を使うこと。また,その別人。「―受験」
  • きめ-だま    [0] 【決め球・極め球】ウイニング-ショット