简体版 繁體版
登録 ログイン

あく-ぬけ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0] 
    【灰汁抜け】
     (名)スル
    (1)(野菜などの)あくが抜けてすっきりすること。
    (2)すっきりと洗練されること。あかぬけ。「―した人」
    (3)取引で,悪材料ができって相場がそれ以上下がらなくなること。

  • あくぬけ    【灰汁抜け】 (1)(野菜などの)あくが抜けてすっきりすること。 (2)すっきりと洗練されること。あかぬけ。 「―した人」 (3)取引で,悪材料ができって相場がそれ以上下がらなくなること。
  • ぬけ    【抜け】 (1)あるはずのものがないこと。抜けていること。 「名簿に―がある」 (2)知恵の足りないこと。また,その人。 (3)責任を逃れるための言葉。ぬけぐち。 「狂言綺語の―はあれど/歌舞伎・水天宮」 (4)「抜け風(フウ)」に同じ。
  • ぬけ-ぬけ    【抜け抜け】■一■ [1][3] (副)(多く「と」を伴って)(1)ずうずうしく平気なさま。無恥で厚かましいさま。「―とうそをつく」(2)間の抜けているさま。愚かなさま。「子細を問へば,返事もせず。―とぞ見えける/沙石 8」■二■ [0] (形動ナリ)一人ずつひそかに列から抜けるさま。「先駆けのつはものども,―に赤坂の城へ向つて/太平記 6」
  • あく    【悪】 ※一※ ① (名) (1)わるいこと。否定すべき物事。道徳・法律などに背く行動や考え。 ⇔善 「近代社会が内包する―」「―の道に走る」「―の限りを尽くす」 (2)演劇で,敵役。悪役。 (3)〔近世語〕 悪口。悪態。 「よく―をいひなんす。ちつとだまんなんし/洒落本・妓娼精子」 ※二※ (接頭) 名詞に付いて,畏敬の念を抱かせるほど荒々しく強い意を表す。 「―七兵衛」「―源太」 ――に強
  • ぬけぬけ    【抜け抜け】 ※一※ ①③ (副) (多く「と」を伴って) (1)ずうずうしく平気なさま。無恥で厚かましいさま。 「―とうそをつく」 (2)間の抜けているさま。愚かなさま。 「子細を問へば,返事もせず。―とぞ見えける/沙石 8」 ※二※ ◎ (形動ナリ) 一人ずつひそかに列から抜けるさま。 「先駆けのつはものども,―に赤坂の城へ向つて/太平記 6」
  • あか-ぬけ    [0][4] 【垢抜け】 (名)スルあかぬけること。洗練されていること。「都会育ちだけに―している」
  • いい-ぬけ    イヒ― [0] 【言(い)抜け】言い抜けること。言いのがれ。
  • うら-ぬけ    [0] 【裏抜け】 (名)スル表に印刷したインクの一部が裏ににじみ出ること。
  • うり-ぬけ    [0] 【売(り)抜け】取引で,買い玉(ギヨク)を相場の下がらないうちに売り尽くしてしまうこと。売り逃げ。
  • おき-ぬけ    [0] 【起(き)抜け】寝床から起き出してすぐのこと。起きがけ。起きしな。「―に散歩に出る」
  • かご-ぬけ    [0] 【籠脱け】(1)籠や建物に入り,中にいると見せかけて別の口から抜け出ること。(2)江戸時代に行われた放下(ホウカ)芸の一。身を躍らせて籠の中をくぐりぬける曲芸。
  • かた-ぬけ    [0] 【肩抜け】負担や責任などがなくなり楽になること。「それからは謙作も幾らか気持に―が出来た/暗夜行路(直哉)」
  • きぬけ    【気抜け】 気の張りをなくしたり,放心したりしてぼんやりすること。 「小芳が幾度も恍惚(ウツトリ)―のするやうなのを/婦系図(鏡花)」
  • き-ぬけ    [0] 【気抜け】 (名)スル気の張りをなくしたり,放心したりしてぼんやりすること。「小芳が幾度も恍惚(ウツトリ)―のするやうなのを/婦系図(鏡花)」
  • こし-ぬけ    [0] 【腰抜け】(1)腰に力がはいらず,立てないこと。また,その人。(2)臆病(オクビヨウ)者。いくじなし。弱虫。「―侍」