简体版 繁體版
登録 ログイン

あけ-くれ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [2][0] 
    【明け暮れ】
     (名)スル
    (1)朝と晩。朝夕。
    (2)そのことをして毎日を過ごすこと。「調査に―する」
    (3)(副詞的に用いて)明けても暮れても。いつも。しじゅう。「今に目に付き候て―忘れやらず/金色夜叉(紅葉)」

  • あけくれ    【明け暮れ】 (1)朝と晩。朝夕。 (2)そのことをして毎日を過ごすこと。 「調査に―する」 (3)(副詞的に用いて)明けても暮れても。いつも。しじゅう。 「今に目に付き候て―忘れやらず/金色夜叉(紅葉)」
  • あけくれる    【明け暮れる】 (1)その事をして毎日を過ごす。熱中する。 「読書に―・れる」 (2)夜が明け,日が暮れる。月日が過ぎる。 「心もとなくおぼしつつ―・るるに/源氏(野分)」
  • あけ    【開け】 始まったばかりであること。他の語と複合して用いられる。 「シーズン―」「口―」 ; 【明け】 (1)夜が明けること。明け方。 ⇔暮れ 「―の明星」 (2)他の語と複合して用いられる。(ア)ある期間が終わること。また,終わった直後。 「連休―」「梅雨―」(イ)新しい年,新しい日に替わること。「―四歳の馬」 ; 【朱・緋】 (1)赤い色。緋色(ヒイロ)・朱色・紅色などを含む。 (2)
  • くれ    【暗】 〔動詞「暗れる」の連用形から〕 (1)暗いこと。暗い所。 「木(コ)の―になりぬるものをほととぎすなにか来鳴かぬ君に逢へる時/万葉 4053」 (2)心などの暗いこと。悲しみや不安に心が晴れないさま。 「さにつらふ妹を思ふと霞立つ春日も―に恋ひ渡るかも/万葉 1911」 (3)秩序が乱れていること。混乱。 「京中おびただしき―にてぞ有りし/五代帝王物語」 ; 【榑】 (1)板材。平安
  • あけい    【阿兄】 〔「阿」は親しみを表す語〕 お兄さん。
  • あけち    【明智】 姓氏の一。美濃国守護土岐氏の一族で,美濃国恵那郡明智荘にいたことに始まると伝える。
  • あけて    【明けて】 年が明けて。新年になって。 「―二五歳になる」
  • あけに    【明荷】 (1)竹あるいはござで作った旅行用のつづら。角や縁(ヘリ)に割り竹をつける。 (2)関取が場所入りのとき,まわしや化粧まわしなどを入れて支度部屋に運び込む入れ物。
  • あけの    【明野】 茨城県西部,真壁(マカベ)郡の町。小貝川と桜川にはさまれた地域。
  • あけび    【木通・通草】 アケビ科のつる性落葉低木。山地に自生。葉は五枚の小葉から成る。四月ごろ,薄紫色の小花が咲く。果実は楕円形で,秋,熟すと縦に裂ける。果肉は甘く食べられる。葉が三小葉から成るものをミツバアケビという。つるを利用して,椅子(イス)や細工物などを作る。木部は利尿・鎮痛剤とする。﹝季﹞秋。 〔「あけびの花」は ﹝季﹞春〕
  • あけみ    【曙覧】 ⇒橘(タチバナ)曙覧
  • あける    【明ける・空ける・開ける】 □一□(他動詞) (1)出入り口や容器の口などを閉ざしていた物を動かして,人や物が通り抜けられるようにする。ひらく。《開》 ⇔しめる ⇔とじる 「箱のふたを―・ける」「引出しを―・ける」 (2)錠(ジヨウ)がかけられているのを鍵を使ったりしてはずす。 「玄関のかぎを―・ける」 (3)閉じているものを,左右・上下・四方などにひろげる。《開》 ⇔とじる 「手紙を―・ける
  • あけ烏    あけがらす 俳諧撰集。一冊。高井几董(キトウ)編。1773年刊。蕪村一派の蕉風復興運動を宣言した書。蕪村七部集の一。
  • あけ-がた    [0] 【明け方】夜が明けようとする頃。暮れ方
  • あけ-ぐれ    【明け暗れ】明け方のまだ薄暗い頃。「―の朝霧隠り鳴く鶴の/万葉 509」