简体版 繁體版
登録 ログイン

あさいちゅう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【浅井忠】
    (1856-1907) 洋画家。江戸の生まれ。号は黙語・木魚。フォンタネージに学び,詩情にじむ写実的画風を確立。1889年(明治22)明治美術会創設に参加。関西の勃興期洋風画の発展に貢献,多くの後進を育てた。代表作「収穫」「春畝(シユンボウ)」

  • あさい-ちゅう    アサヰ― 【浅井忠】(1856-1907) 洋画家。江戸の生まれ。号は黙語・木魚。フォンタネージに学び,詩情にじむ写実的画風を確立。1889年(明治22)明治美術会創設に参加。関西の勃興期洋風画の発展に貢献,多くの後進を育てた。代表作「収穫」「春畝(シユンボウ)」
  • さいちゅう    【最中】 ※一※ (名) (1)動作・状態が現在進行していること。物事がたけなわの時。さなか。 「試合の―に雨が降り出す」 (2)まんなか。中央。[ヘボン] ※二※ (副) 盛んに。しきりに。 「三皿目のシチウを今三人で―食つてゐる/俳諧師(虚子)」 ; 【細注】 (1)細字の注釈。細字注。 (2)こまかに説いた注釈。詳注。
  • まっ-さいちゅう    [3] 【真っ最中】あることが行われているその最も盛んな時。まっさかり。「演説の―」
  • さいちゅうもん    【再注文】a repeated order.~する renew an order.
  • まっさいちゅう    【真っ最中】 あることが行われているその最も盛んな時。まっさかり。 「演説の―」
  • あさいち    【朝一】 (仕事などを)その日の朝一番最初に行うこと。 「―で荷物を届ける」 ; 【朝市】 朝開く,野菜・魚介類などの市。
  • きょうせいちゅうさい    【強制仲裁】 公共企業体の労働争議について,当事者の一方または双方の同意なしに開始される仲裁。
  • こくさいちゅうさいさいばんしょ    【国際仲裁裁判所】 国際紛争の解決のための裁判を行う裁判所。常設仲裁裁判所のほか,事件ごとに設けられる個別仲裁裁判所がある。
  • ちゅう-ばあさん    [3] 【中婆さん】中婆(チユウババ)を親しんでいう語。ちゅうばば
  • いちゅう    【惟中】 ⇒岡西(オカニシ)惟中 ; 【移駐】 軍隊などがほかの土地へ移動して駐屯すること。 ; 【意中】 心の中。心の中で考えていること。 「―を探る」「―を伝える」
  • いちゅう-るい    [2] 【異柱類】不等筋類の別名。
  • えいちゅう    【営中】 (1)兵営の中。営内。 (2)柳営の中。将軍の居所。
  • かいちゅう    【回虫・蛔虫】 袋形動物線虫綱の人体寄生虫の総称。紐(ヒモ)のように細長く,雌は体長20~40センチメートル,雄は15~25センチメートルで,淡桃色または黄白色。野菜・果物などに付着した卵が口から腸内に入って幼虫となり,腹腔・横隔膜・胸腔から肺に入り,発育したのち気管・消化管を経て小腸内で成熟する。人体に種々の悪影響を与える。家畜に寄生する種類もある。 ; 【改鋳】 鋳(イ)なおすこと。鋳造し
  • がいちゅう    【外注】 会社の仕事の一部を外部に発注すること。 「部品の製造を―する」「―に出す」 ; 【害虫】 人間の生活に直接・間接に害をもたらす昆虫。人体を刺したり吸血したりする衛生害虫のほか,家畜を襲うアブ,農作物や果樹などを食害するウンカ・アブラムシ・ハムシなど,食物や衣類などを食害するイガ・シミ,木材を食害するシロアリなどの総称。また,昆虫以外でも回虫・ツツガムシ・サナダムシなども含めることが
  • けいちゅう    【契沖】 (1640-1701) 江戸前期の国学者・歌人。俗姓,下川。字(アザナ)は空心。契沖は法号。摂津の人。大坂高津(コウヅ)の円珠庵に隠棲。和漢の学,悉曇(シツタン)に精通,復古の信念に基づくすぐれた古典の注釈研究,古代の歴史的仮名遣いを明らかにするなど,その文献学的方法は近世国学の基盤をつくった。著「万葉代匠記」「古今余材抄」「勢語臆断」「和字正濫鈔」,「円珠庵雑記」など。 ; 【閨中