简体版 繁體版
登録 ログイン

あさ-がお 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―ガホ [2] 
    【朝顔】

    (1)ヒルガオ科のつる性の一年草。つるは左巻き。多くは三裂した葉をつける。夏から初秋にかけての早朝,漏斗形の花を開き,昼前にしぼむ。熱帯アジア原産。日本には奈良時代に薬草として中国から伝来。江戸後期に観賞植物として急速に広まり,多くの改良品種が作り出された。種子を牽牛子(ケニゴシ)といい,漢方で利尿剤・下剤とする。牽牛花。[季]秋。《―に釣瓶とられて貰ひ水/千代》
    (2)漏斗形のもの。特に,男の小便用の便器。
    (3)襲(カサネ)の色目の名。表・裏ともに縹(ハナダ)または空色。老人が秋に用いる。
    (4)キキョウの異名。[新撰字鏡]
    (5)ムクゲの異名。[名義抄]
    (6)朝の寝起きの顔。「野分のあしたの御―は心にかかりて恋しきを/源氏(藤袴)」
    (7)焼き麩(フ)をいう近世女性語。「ぼたもちを萩の花,麩焼(フノヤキ)を―/評判記・色道大鏡」
    (8)源氏物語の巻名。第二〇帖。
    ――の花一時(ヒトトキ)
    (朝顔の花が,咲いてからわずかの時間でしぼむことから)
    物事の衰えやすいこと,はかないことのたとえ。槿花(キンカ)一日の栄。

  • あさがお    【朝顔】 (1)ヒルガオ科のつる性の一年草。つるは左巻き。多くは三裂した葉をつける。夏から初秋にかけての早朝,漏斗形の花を開き,昼前にしぼむ。熱帯アジア原産。日本には奈良時代に薬草として中国から伝来。江戸後期に観賞植物として急速に広まり,多くの改良品種が作り出された。種子を牽牛子(ケニゴシ)といい,漢方で利尿剤・下剤とする。牽牛花。﹝季﹞秋。《―に釣瓶とられて貰ひ水/千代》 (2)漏斗形のもの
  • あさがおの    【朝顔の】 (1)目立って美しく咲くことから「穂に咲き出」にかかる。 「―穂には咲き出ぬ恋もするかも/万葉 2275」 (2)「咲く」と同音の「離(サ)く」にかかる。 「―年さへこごと我は離(サ)かるがへ/万葉 3502」
  • あさがお-いち    ―ガホ― [4] 【朝顔市】朝顔を売る市。七月六日から三日間,東京入谷(イリヤ)の鬼子母神で行われる市が有名。[季]夏。
  • あさがお-がい    ―ガホガヒ [4] 【朝顔貝】海産の巻貝。殻高3センチメートル内外。殻は紫色で薄くもろい。足から空気を含んだ泡袋を多数出し,海面に逆さに浮かんで生活する。クダクラゲ類を食べる。世界中に広く分布。
  • あさがお-ざる    ―ガホ― [4] 【朝顔笊】朝顔の花のように,上部が開き下部が狭くなっているざる。
  • あさがお-なり    ―ガホ― [0] 【朝顔形】器具などで,朝顔の花の形に似ているもの。「―の茶わん」
  • あさがお-の    ―ガホ― 【朝顔の】 (枕詞)(1)目立って美しく咲くことから「穂に咲き出」にかかる。「―穂には咲き出ぬ恋もするかも/万葉 2275」(2)「咲く」と同音の「離(サ)く」にかかる。「―年さへこごと我は離(サ)かるがへ/万葉 3502」
  • あさがお-ひめ    ―ガホ― 【朝顔姫】(「牽牛(ケンギユウ)」を「あさがお」と読むところから)織女星(シヨクジヨセイ)の異名。
  • あさがおいち    【朝顔市】 朝顔を売る市。七月六日から三日間,東京入谷(イリヤ)の鬼子母神で行われる市が有名。﹝季﹞夏。
  • あさがおがい    【朝顔貝】 海産の巻貝。殻高3センチメートル内外。殻は紫色で薄くもろい。足から空気を含んだ泡袋を多数出し,海面に逆さに浮かんで生活する。クダクラゲ類を食べる。世界中に広く分布。
  • あさがおざる    【朝顔笊】 朝顔の花のように,上部が開き下部が狭くなっているざる。
  • あさがおなり    【朝顔形】 器具などで,朝顔の花の形に似ているもの。 「―の茶わん」
  • あさがおひめ    【朝顔姫】 〔「牽牛(ケンギユウ)」を「あさがお」と読むところから〕 織女星(シヨクジヨセイ)の異名。
  • あさがお-あわせ    ―ガホアハセ [5] 【朝顔合(わ)せ】種々の朝顔を持ち寄って品評する会。江戸時代に行われた。
  • あさがお-にっき    ―ガホ― 【朝顔日記】人形浄瑠璃「生写(シヨウウツシ)朝顔話」の通称。