简体版 繁體版
登録 ログイン

あさ-ぎぬ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【麻衣】
    (1)麻布で作った衣服。粗末な衣服。あさごろも。あさのきぬ。「勝鹿の真間の手児奈(テゴナ)が―に/万葉 1807」
    (2)喪服として着た麻布の衣服。あさごろも。あさのきぬ。「宮の舎人(トネリ)も雪(タエ)の穂の―着(ケ)れば/万葉 3324」

  • あさぎぬ    【麻衣】 (1)麻布で作った衣服。粗末な衣服。あさごろも。あさのきぬ。 「勝鹿の真間の手児奈(テゴナ)が―に/万葉 1807」 (2)喪服として着た麻布の衣服。あさごろも。あさのきぬ。 「宮の舎人(トネリ)も雪(タエ)の穂の―着(ケ)れば/万葉 3324」
  • あさ    【朝】 夜が明けてからしばらくの間。または,正午までの間。 「―が来る」「―早く起きる」 ; 【麻】 (1)クワ科の一年草。中央アジア原産。渡来は古く,古代から重要な繊維植物として栽培されてきた。茎は直立し,1~3メートルになる。葉は三~九枚の小葉からなる掌状複葉で,各小葉は披針形で縁に鋸歯(キヨシ)がある。雌雄異株。初夏,淡緑黄色の雄穂,緑色の雌穂をつける。雌株からは麻薬がとれる。茎の靭皮
  • あさ-あさ    【浅浅】■一■ (副)(1)浅いさま。うっすらとしたさま。「―と萌初(モエソ)めた麦畠は/破戒(藤村)」(2)軽く考えるさま。「父の詠をだにも―と思ひたりし上は/後鳥羽院御口伝」■二■ (名)(女房詞)浅漬けの漬物。「なかはしより―まゐる/御湯殿上(天正一四)」
  • あか-ぎぬ    [0] 【赤衣】(「あかきぬ」とも)(1)赤い衣。(2)緋(ヒ)色の袍(ホウ)。五位の官人の朝服。(3)「赤狩衣(アカカリギヌ)」に同じ。
  • あし-ぎぬ    【絁】(悪しき絹の意)太さがふぞろいの糸で織った粗製の平織り絹布。太絹(フトギヌ)。[和名抄]
  • あつ-ぎぬ    [0][3] 【厚衣】綿を入れた着物。綿入れ。
  • あま-ぎぬ    【雨衣】雨の時,上にはおった衣。白絹の袷(アワセ)で,表に油をひいたもの。あまごろも。[和名抄]
  • あみ-ぎぬ    [3] 【網衣】(1)網のように粗く織った布で作った衣服。経帷子(キヨウカタビラ)などに用いる。(2)時宗の僧の着た目の粗い法衣。衆生(シユジヨウ)を救う網の意からとも,また阿弥の着る法衣の意からともいう。阿弥衣。
  • あや-ぎぬ    [3][0] 【綾絹】白または無地染めの綾織りの絹。あやけん。
  • いつ-ぎぬ    【五衣】平安時代,男子が参内するときの正式の装束。袍(ウエノキヌ)・下襲(シタガサネ)・半臂(ハンピ)・単(ヒトエ)・引倍木(ヒキヘギ)の五種でひとそろい。
  • うす-ぎぬ    【薄衣】地の薄い着物。薄い袿(ウチキ)。うすごろも。「―も被(カズ)かず/義経記 6」
  • うち-ぎぬ    【打ち衣】砧(キヌタ)で打って光沢を出した衣。装束着用のとき,女性は表衣の下,袿(ウチキ)の上に,男性は直衣(ノウシ)・狩衣(カリギヌ)の下に着る。のちには板引きで光沢を出すようになった。色は多く紅か濃赤紫色。打ち衣(ギ)。
  • うぶ-ぎぬ    【産衣】(「うぶきぬ」とも)「うぶぎ(産衣){(1)}」に同じ。「―にかきをきて侍ける,いまだはべり/大鏡(序)」
  • うま-ぎぬ    [3] 【馬衣】馬の背にかける布。多くは紺や萌黄(モエギ)の木綿で仕立て,飼い主の定紋を染め抜いた。
  • えぎぬ    【絵衣】 近世,采女(ウネメ)が着た表衣(ウエノキヌ)。表は白の練り絹で雲に椿などの彩色をし,裏は萌黄(モエギ)の生絹(スズシ)を用いた。うねめぎぬ。 ; 【絵絹】 日本画に用いる白い生絹(キギヌ)の画布。多くはにじみ止めに礬水(ドウサ)を引いて使う。