简体版 繁體版
登録 ログイン

あさ-ぐろ・い 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [4] 
    【浅黒い】
     (形)[文]ク あさぐろ・し
    皮膚の色が日に焼けたようにうす黒い。「―・い顔」「―・い肌」

  • あさぐろい    【浅黒い】 皮膚の色が日に焼けたようにうす黒い。 「―・い顔」「―・い肌」
  • あさ・い    [0][2] 【浅い】 (形)[文]ク あさ・し(1)表面や外側から底や奥までの距離が短い。「―・い川」「―・いほらあな」(2)(外傷について)深く内部にまで達していない。「傷は―・いぞ」(3)到達度が低い。十分な程度に達していない。「理解が―・い」「思慮が―・い」「経験が―・い」「つきあいが―・い」{(1)~(3)}深い(4)時間があまり経過していない。「知り合ってから日が―・い」「春はまだ
  • あさ-い    【朝寝】あさね。「酔ひくたびれて―したる所を/徒然 175」
  • あお-ぐろ・い    アヲ― [4] 【青黒い・黝い】 (形)[文]ク あをぐろ・し青みを帯びた黒色をしている。「―・い頬の辺を撫(ナ)でて/多情多恨(紅葉)」
  • あか-ぐろ・い    [4] 【赤黒い】 (形)[文]ク あかぐろ・し赤みを帯びて黒い。「―・い戸張りの奥に腰かけて/放浪(泡鳴)」
  • うす-ぐろ・い    [4][0] 【薄黒い】 (形)[文]ク うすぐろ・し少し黒い。「―・い顔」
  • か-ぐろ・い    [3] 【か黒い】 (形)[文]ク かぐろ・し(「か」は接頭語)くろぐろしている。「―・い影」「―・き髪に/万葉 804」
  • どす-ぐろ・い    [4] 【どす黒い】 (形)[文]ク どすぐろ・し色が濁ったように黒い。「現場には―・い血が流れていた」[派生] ――さ(名)
  • はら-ぐろ・い    [4] 【腹黒い】 (形)[文]ク はらぐろ・し心がねじけている。心の中に悪巧みや陰謀をもっている。「―・い人間」[派生] ――さ(名)
  • あさあさ-し・い    [5] 【浅浅しい】 (形)[文]シク あさあさ・し考えが浅い。あさはかだ。軽々しい。「心―・き人に/文づかひ(鴎外)」
  • あさまし・い    [4] 【浅ましい】 (形)[文]シク あさま・し(驚きあきれる意の動詞「あさむ」の形容詞形)□一□人間らしくないありさまで情けない。(1)(心・性質などが)いやしくて嘆かわしい。さもしい。「人のものを盗むとは―・い根性だ」(2)(姿・外形などが)みじめで見るにたえない。見苦しい。「落ちぶれて―・い姿となる」「―・く瘁(ヤツ)れたる面(オモテ)を矚(マモ)りて/金色夜叉(紅葉)」□二□(1)事
  • あさ    【朝】 夜が明けてからしばらくの間。または,正午までの間。 「―が来る」「―早く起きる」 ; 【麻】 (1)クワ科の一年草。中央アジア原産。渡来は古く,古代から重要な繊維植物として栽培されてきた。茎は直立し,1~3メートルになる。葉は三~九枚の小葉からなる掌状複葉で,各小葉は披針形で縁に鋸歯(キヨシ)がある。雌雄異株。初夏,淡緑黄色の雄穂,緑色の雌穂をつける。雌株からは麻薬がとれる。茎の靭皮
  • あさ-あさ    【浅浅】■一■ (副)(1)浅いさま。うっすらとしたさま。「―と萌初(モエソ)めた麦畠は/破戒(藤村)」(2)軽く考えるさま。「父の詠をだにも―と思ひたりし上は/後鳥羽院御口伝」■二■ (名)(女房詞)浅漬けの漬物。「なかはしより―まゐる/御湯殿上(天正一四)」
  • あお-ぐろ    アヲ― [0] 【青黒】(1)(「黝」とも書く)青みを帯びた黒。(2)襲(カサネ)の色目の名。表は青みの黄,裏は黒みの黄。
  • いろ-ぐろ    [0] 【色黒】 (名・形動)[文]ナリ肌の色が黒い・こと(さま)。色白