简体版 繁體版
登録 ログイン

あさ-つゆ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0][2] 
    【朝露】

    朝早く草葉などにおりた露。
    夜露
    [季]秋。

  • あさつゆ    【朝露】 朝早く草葉などにおりた露。 ⇔夜露 ﹝季﹞秋。
  • あさつゆの    【朝露の】 (1)朝露の消えやすいことから「消(ケ)」にかかり,はかないことから「命」「あが身」にかかる。 「―命は生けり/万葉 3040」「―我(ア)が身一つは君がまにまに/万葉 2691」 (2)「朝露をおく」ということから,同音の「置く」にかかる。 「―置きてし行けば消(ケ)ぬべきものを/古今(離別)」
  • あさつゆ-の    【朝露の】 (枕詞)(1)朝露の消えやすいことから「消(ケ)」にかかり,はかないことから「命」「あが身」にかかる。「―命は生けり/万葉 3040」「―我(ア)が身一つは君がまにまに/万葉 2691」(2)「朝露をおく」ということから,同音の「置く」にかかる。「―置きてし行けば消(ケ)ぬべきものを/古今(離別)」
  • つゆ    【潰ゆ・熟ゆ・費ゆ】 ⇒つえる ; 【汁・液】 (1)しる。水け。 (2)吸い物のしる。また,吸い物。 「お―を吸う」 (3)蕎麦(ソバ)・素麺(ソウメン)などをつけるしる。つけ汁。 ; 【露】 ※一※ (名) (1)空気中の水蒸気が地面近くの冷たい物体の表面に凝結して水滴となったもの。温度が露点以下になるとできる。﹝季﹞秋。《金剛の―ひとつぶや石の上/川端茅舎》「―が置く」「―にぬれる」 →
  • あさ    【朝】 夜が明けてからしばらくの間。または,正午までの間。 「―が来る」「―早く起きる」 ; 【麻】 (1)クワ科の一年草。中央アジア原産。渡来は古く,古代から重要な繊維植物として栽培されてきた。茎は直立し,1~3メートルになる。葉は三~九枚の小葉からなる掌状複葉で,各小葉は披針形で縁に鋸歯(キヨシ)がある。雌雄異株。初夏,淡緑黄色の雄穂,緑色の雌穂をつける。雌株からは麻薬がとれる。茎の靭皮
  • あさ-あさ    【浅浅】■一■ (副)(1)浅いさま。うっすらとしたさま。「―と萌初(モエソ)めた麦畠は/破戒(藤村)」(2)軽く考えるさま。「父の詠をだにも―と思ひたりし上は/後鳥羽院御口伝」■二■ (名)(女房詞)浅漬けの漬物。「なかはしより―まゐる/御湯殿上(天正一四)」
  • あつゆ    【篤ゆ】 ※一※ (動ヤ下二) 病気が重くなる。あつしる。 「遘疾(ヤマイ)―・えて,大漸(トコツクニ)に至る/日本書紀(雄略訓)」 ※二※ (動ヤ上二) {※一※}に同じ。 「大宮も頼もしげなくのみ―・い給へるに/源氏(澪標)」 ; 【熱湯】 熱めの風呂。 「―好きの江戸っ子」
  • あめ-つゆ    [1] 【雨露】雨と露。うろ。「―をしのぐ」
  • うわ-つゆ    ウハ― [0] 【上露】草木などの葉の上の露。下露
  • おつゆ    【御汁】 (1)汁(シル)を丁寧にいう語。 (2)油絵で,ガッシュの日本における俗称。
  • お-つゆ    [2] 【御汁】(1)汁(シル)を丁寧にいう語。(2)油絵で,ガッシュの日本における俗称。
  • から-つゆ    [0] 【空梅雨】梅雨の時期に雨があまり降らないこと。照り梅雨。[季]夏。
  • こつゆ    【骨油】 骨脂から製した油。石鹸(セツケン)・ろうそくなどの原料。 ; 【骨湯】 煮魚や焼き魚の骨に熱湯を注いだもの。塩や醤油で味をつけて飲む。
  • した-つゆ    [0][3] 【下露】下草に結んだ露。また,木の葉などから滴り落ちる露。上露「―にぬれる」「―になびかましかば女郎花(オミナエシ)あらき風にはしをれざらまし/源氏(野分)」
  • しら-つゆ    [0][2] 【白露】露。光って白く見える露。[季]秋。