简体版 繁體版
登録 ログイン

あざらし-し-しょう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―シヤウ [5][6] 
    【海豹肢症】

    四肢の骨が未形成であったり,発育不全のため,手足が極端に短い形態異常。極端な場合は無肢症になる。原因としてサリドマイド系薬品の服用が有名。

  • あざらしししょう    【海豹肢症】 四肢の骨が未形成であったり,発育不全のため,手足が極端に短い形態異常。極端な場合は無肢症になる。原因としてサリドマイド系薬品の服用が有名。
  • あざらし    【海豹】 食肉目アザラシ科の海獣の総称。頭は丸く四肢はひれ状,毛は青黒色で光沢があり,黒色の斑点が散る。性質はおとなしく,よく人になれる。魚類・甲殻類を食べ,主に寒帯の海に分布。毛皮・脂肪が利用される。
  • ぞう-あざらし    ザウ― [4] 【象海豹】アザラシ科の哺乳類。アザラシ類中最大で,雄は全長5メートル,体重2.5トンに及ぶ。キタゾウアザラシはカリフォルニア沖に,ミナミゾウアザラシは南極周辺に分布。
  • あざら-け・し    【鮮らけし】 (形ク)肉などが新しく生き生きしている。新鮮である。「―・き魚の苞苴(オオムエ)をもて菟道宮(ウジノミヤ)に献る/日本書紀(仁徳訓)」
  • ごまふ-あざらし    [5] 【胡麻斑海豹】アザラシ科の海生哺乳類。体長1.8メートル内外。体は灰褐色ないし銀灰色で,ゴマを散らしたような白・黒の小斑がある。幼獣は美しい白色。北半球北部に分布。トッカリ。
  • ぞうあざらし    【象海豹】 アザラシ科の哺乳類。アザラシ類中最大で,雄は全長5メートル,体重2.5トンに及ぶ。キタゾウアザラシはカリフォルニア沖に,ミナミゾウアザラシは南極周辺に分布。
  • わもん-あざらし    [5] 【輪紋海豹】アザラシの一種。体長1.2~1.5メートル程度。毛色は灰色から黒色で,体側から背にかけて白い輪模様が見られる。主に北極周辺に分布。
  • モンク-あざらし    [5] 【―海豹】(monk seal)モンクアザラシ属に含まれるアザラシの総称。三種が記録されているが,いずれも生息数が少なく,カリブ海の種は絶滅した可能性が高い。現生のアザラシ類では最も原始的な特徴をもち,化石種との比較のうえで,アザラシ類の進化の過程を示す貴重なグループ。
  • くらかけあざらし    【鞍掛海豹】 アザラシの一種。体長1.6メートル程度。毛色は黒で,首,腰,前肢の基部に特徴的な白い帯がある。ベーリング海とオホーツク海に多い。
  • くらかけ-あざらし    [6] 【鞍掛海豹】アザラシの一種。体長1.6メートル程度。毛色は黒で,首,腰,前肢の基部に特徴的な白い帯がある。ベーリング海とオホーツク海に多い。
  • ごまふあざらし    【胡麻斑海豹】 アザラシ科の海生哺乳類。体長1.8メートル内外。体は灰褐色ないし銀灰色で,ゴマを散らしたような白・黒の小斑がある。幼獣は美しい白色。北半球北部に分布。トッカリ。
  • ぜにがたあざらし    【銭形海豹】 アザラシの一種。体長は約1.5メートル。体色は変異が大きいが,貨幣に似た白い輪模様をもつことからこの名がある。北洋に広く分布し,日本では北海道で観察される。
  • ぜにがた-あざらし    [6] 【銭形海豹】アザラシの一種。体長は約1.5メートル。体色は変異が大きいが,貨幣に似た白い輪模様をもつことからこの名がある。北洋に広く分布し,日本では北海道で観察される。
  • わもんあざらし    【輪紋海豹】 アザラシの一種。体長1.2~1.5メートル程度。毛色は灰色から黒色で,体側から背にかけて白い輪模様が見られる。主に北極周辺に分布。
  • ウェッデル-あざらし    [6] 【―海豹】(Weddell seal)アザラシの一種。体長2.6メートル前後。体色は灰色で背面は黒っぽい。腹面は黄色。特徴的な白斑をもつ。南極大陸周辺に多く,最も南に分布するアザラシ。