简体版 繁體版
登録 ログイン

あしかがよしあき 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【足利義昭】
    (1537-1597) 室町幕府一五代将軍(在職 1568-1573)。義晴の子。1568年,織田信長に擁されて将軍となる。のち不和を生じ信長を討とうとしたが,73年京都を追われ,幕府は滅亡した。

  • あしかがよしあきら    【足利義詮】 (1330-1367) 室町幕府二代将軍(在職 1358-1367)。尊氏の子。元弘の乱で新田義貞とともに鎌倉攻めに参加。尊氏の死後,1358年将軍となり,足利政権の基礎を固めた。
  • あしかが-よしあき    【足利義昭】(1537-1597) 室町幕府一五代将軍(在職 1568-1573)。義晴の子。1568年,織田信長に擁されて将軍となる。のち不和を生じ信長を討とうとしたが,73年京都を追われ,幕府は滅亡した。
  • あしかが-よしあきら    【足利義詮】(1330-1367) 室町幕府二代将軍(在職 1358-1367)。尊氏の子。元弘の乱で新田義貞とともに鎌倉攻めに参加。尊氏の死後,1358年将軍となり,足利政権の基礎を固めた。
  • あしかがよしかず    【足利義量】 (1407-1425) 室町幕府五代将軍(在職 1423-1425)。義持(ヨシモチ)の子。1423年将軍,在職三年で早世した。
  • あしかがよしかつ    【足利義勝】 (1434-1443) 室町幕府七代将軍(在職 1442-1443)。義教(ヨシノリ)の子。1442年八歳で将軍となったが,翌年病死。
  • あしかがよしずみ    【足利義澄】 (1480-1511) 室町幕府一一代将軍(在職 1494-1508)。堀越(ホリゴエ)公方政知(マサトモ)の子。義政の養子。細川政元に擁立され将軍となったが,1508年前将軍義稙(ヨシタネ)により,将軍職を剥奪(ハクダツ)された。
  • あしかがよしたね    【足利義稙】 (1466-1523) 室町幕府一〇代将軍(在職(1490-1493)・(1508-1521))。義視(ヨシミ)の子。島公方・流れ公方とよばれる。1490年将軍となり,93年出陣中細川政元にそむかれ将軍職を追われた。1508年大内義興(ヨシオキ)の支援で復職したが,細川高国と対立して,21年淡路に出奔,阿波で没した。
  • あしかがよしてる    【足利義輝】 (1536-1565) 室町幕府一三代将軍(在職 1546-1565)。義晴の子。三好・松永氏らの勢力が強く,将軍職が形骸化(ケイガイカ)したことに反発したが,逆に松永久秀らに暗殺された。
  • あしかがよしのり    【足利義教】 (1394-1441) 室町幕府六代将軍(在職 1429-1441)。義満(ヨシミツ)の子。義円と称して僧籍にあったが,義持の死後,石清水社前で諸将が行なった鬮(クジ)によって後嗣と決定。鎌倉公方足利持氏や土岐持頼らを討って将軍の権力を強めたが,赤松満祐(ミツスケ)に暗殺された。 →嘉吉(カキツ)の乱
  • あしかがよしはる    【足利義晴】 (1511-1550) 室町幕府一二代将軍(在職 1521-1546)。義澄の子。細川高国に擁立されて将軍となった。実権なく,三好長慶・細川晴元らの政争に翻弄(ホンロウ)され,将軍職を子の義輝に譲った。
  • あしかがよしひさ    【足利義尚】 (1465-1489) 室町幕府九代将軍(在職 1473-1489)。義政・日野富子の子。叔父義視(ヨシミ)と将軍継嗣を争い,応仁の乱を誘発した。近江の六角高頼(1462-1520)討伐のために出陣中病死。和歌をよくした。
  • あしかがよしひで    【足利義栄】 (1538-1568) 室町幕府一四代将軍。義澄の孫。松永久秀と対立する三好勢に擁立され,1568年2月将軍となる。同年9月織田信長が義昭を奉じて入洛すると,摂津富田でこれに対決しようとしたが,病死した。富田公方。
  • あしかがよしまさ    【足利義政】 (1435-1490) 室町幕府八代将軍(在職 1449-1473)。義教(ヨシノリ)の子。弟義視(ヨシミ)を養子としたが翌年実子義尚(ヨシヒサ)が生まれ,将軍継嗣争いは応仁の乱の一因となった。73年将軍職を義尚に譲り,のち東山に銀閣を建立。宗教・芸術を愛好し,東山文化が栄える因をなした。東山殿。 →東山文化
  • あしかがよしみ    【足利義視】 (1439-1491) 室町時代の武将。義教(ヨシノリ)の子。義政の弟。今出川殿。浄土寺の僧となり義尋と称す。のち還俗(ゲンゾク)して義政の後嗣となり義視と改名。翌年,義政の妻日野富子に義尚(ヨシヒサ)が誕生したことから将軍継嗣争いとなり,義政と対立,応仁の乱を誘発した。乱後,実子義稙(ヨシタネ)が将軍となり,その後見役。
  • あしかがよしみつ    【足利義満】 (1358-1408) 室町幕府三代将軍(在職 1368-1394)。義詮(ヨシアキラ)の子。号は鹿苑院殿。1378年室町殿造営。92年南北朝合一を成しとげ,有力守護大名を抑えて幕府権力を確立し,94年将軍職を義持に譲る。97年北山に金閣を建て,北山殿と呼ばれた。1401年明に入貢,貿易につとめた。 →勘合貿易