简体版 繁體版
登録 ログイン

あしさぐり 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【足探り】
    足でさわって調べること。

  • あし-さぐり    [3] 【足探り】足でさわって調べること。
  • さぐりあし    【探り足】 前方が見えないときなど,足先で地面をさぐるようにして歩く歩き方。 「暗闇を―で進む」
  • さぐり-あし    [3][0] 【探り足】前方が見えないときなど,足先で地面をさぐるようにして歩く歩き方。「暗闇を―で進む」
  • さぐり    【探り】 (1)さぐること。先方の気持ちや事情などをうかがうこと。 「―を入れる」 (2)特に,敵情をさぐること。また,その者。間者。間諜(カンチヨウ)。しのび。 (3)弓弦の中央の麻を巻いた矢筈(ヤハズ)をかける部分。 (4)ゾンデに同じ。 ――を入(イ)・れる 相手の真意などを,それとなく探る。
  • さぐりあい    【探り合い】 (1)互いに,相手の考えや事情などをさぐりあうこと。 「腹の―」 (2)歌舞伎で,立ち回りの一種。暗闇の中で行われると仮定して演ずるもの。
  • さぐりだい    【探り題】 「たんだい(探題){(1)}」に同じ。
  • さぐりだす    【探り出す】 ひそかに調べたりして知る。 「仕入れ先を―・す」 ‖可能‖ さぐりだせる
  • さぐりづえ    【探り杖】 盲人が歩く先を杖でさぐりながら行くこと。また,その杖。
  • さぐりばし    【探り箸】 器や鍋の中の食物を探すような箸づかい。無作法とされる。
  • さぐり錨    四爪いかり; 地引網; リールのブレーキ; 掃海具; 底引網; 網; 引き綱; 牽引; 釣り糸が横に引かれること; ドラッグ
  • さぐり-あい    ―アヒ [0] 【探り合い】(1)互いに,相手の考えや事情などをさぐりあうこと。「腹の―」(2)歌舞伎で,立ち回りの一種。暗闇の中で行われると仮定して演ずるもの。
  • さぐり-あ・てる    [5] 【探り当てる】 (動タ下一)[文]タ下二 さぐりあ・つ(1)手足などでさぐって触れる。「暗やみで懐中電灯を―・てる」(2)うまくさがしあてる。「財宝の隠し場所を―・てる」「鉱脈を―・てる」
  • さぐり-だい    [3] 【探り題】「たんだい(探題){(1)}」に同じ。
  • さぐり-だ・す    [4] 【探り出す】 (動サ五[四])ひそかに調べたりして知る。「仕入れ先を―・す」[可能] さぐりだせる
  • さぐり-づえ    ―ヅヱ [4] 【探り杖】盲人が歩く先を杖でさぐりながら行くこと。また,その杖。