简体版 繁體版
登録 ログイン

あしながばち 意味

読み方
"あしながばち"の英語"あしながばち"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【足長蜂】
    〔飛行中,脚を長くのばして下げるのでいう〕
    アシナガバチ属のハチの総称。フタモンアシナガバチ・セグロアシナガバチなど。枯れ枝や古い木材をかみくだき,唾液(ダエキ)で練ったものを材料にして,六角柱状の小部屋を並べた巣を軒下や木の枝に作る。﹝季﹞春。

  • あしなが-ばち    [4] 【足長蜂】(飛行中,脚を長くのばして下げるのでいう)アシナガバチ属のハチの総称。フタモンアシナガバチ・セグロアシナガバチなど。枯れ枝や古い木材をかみくだき,唾液(ダエキ)で練ったものを材料にして,六角柱状の小部屋を並べた巣を軒下や木の枝に作る。[季]春。
  • あしなが    【足長】 (1)足が長いこと。 (2)遠くまで行くこと。(船の)航海距離が長いさま。 「―に出たほどに兵糧よろづが大義/蒙求抄 6」 (3)〔山海経(センガイキヨウ)〕 足が非常に長いという想像上の人間。手長(テナガ)とともに清涼殿の荒海の障子に描かれていた。
  • あしなが-ぐも    [5] 【足長蜘蛛】クモの一種。体も脚も細長く,黄褐色。体長15ミリメートル内外。第一歩脚は特に長い。丸網を水平に張り,昆虫を捕食する。本州・四国・九州に分布。
  • あしながぐも    【足長蜘蛛】 クモの一種。体も脚も細長く,黄褐色。体長15ミリメートル内外。第一歩脚は特に長い。丸網を水平に張り,昆虫を捕食する。本州・四国・九州に分布。
  • あしなが-くらげ    [5] 【足長水母】アカクラゲの別名。
  • じがばち    【似我蜂】 (1)膜翅目ジガバチ科の昆虫の総称。アナバチ。 (2)ジガバチ科のハチの一種。体長2センチメートル内外。体は細く,特に腹部の基部は糸状。体色は黒色で腹部第二節は赤色。地面に穴を掘り,シャクトリムシなどの幼虫を捕まえて貯蔵し,横腹に卵を産みつける。幼虫を埋めるときにたてる羽音を,昔の人は「似我似我(ジガジガ)」と聞き,他の虫をハチに変える呪文(ジユモン)と考えたので,この名があるとい
  • あしながくらげ    【足長水母】 アカクラゲの別名。
  • ながばおり    【長羽織】 丈(タケ)の長い羽織。普通,丈がひざ下に及ぶものをいう。
  • ながばかま    【長袴】 裾(スソ)が足よりも長く,引きずるようになっている袴。近世,礼服として素襖(スオウ)・肩衣(カタギヌ)と組み合わせて長裃(ナガガミシモ)とした。引袴(ヒキバカマ)。 ⇔切り袴 ⇔半袴
  • ながばなし    【長話】 長い時間話をすること。また,その話。 「電話で―する」
  • ばち-あし    [2] 【撥脚】器物の脚で,撥の形をしたもの。
  • あしな    【蘆名】 姓氏の一。会津国黒川を領した戦国大名家。相模国三浦郡蘆名から南北朝期に会津へ下向したという。会津守護と呼ばれ,権勢をふるった。
  • あしかがばくふ    【足利幕府】 室町幕府のこと。
  • ばちあし    【撥脚】 器物の脚で,撥の形をしたもの。
  • あし-なが    [0] 【足長】 (名・形動)(1)足が長いこと。(2)遠くまで行くこと。(船の)航海距離が長いさま。「―に出たほどに兵糧よろづが大義/蒙求抄 6」(3)(山海経(センガイキヨウ))足が非常に長いという想像上の人間。手長(テナガ)とともに清涼殿の荒海の障子に描かれていた。