简体版 繁體版
登録 ログイン

あしなが 意味

読み方:
"あしなが"の例文"あしなが"の英語"あしなが"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【足長】
    (1)足が長いこと。
    (2)遠くまで行くこと。(船の)航海距離が長いさま。
    「―に出たほどに兵糧よろづが大義/蒙求抄 6」
    (3)〔山海経(センガイキヨウ)〕
    足が非常に長いという想像上の人間。手長(テナガ)とともに清涼殿の荒海の障子に描かれていた。

  • あしなが-ぐも    [5] 【足長蜘蛛】クモの一種。体も脚も細長く,黄褐色。体長15ミリメートル内外。第一歩脚は特に長い。丸網を水平に張り,昆虫を捕食する。本州・四国・九州に分布。
  • あしなが-ばち    [4] 【足長蜂】(飛行中,脚を長くのばして下げるのでいう)アシナガバチ属のハチの総称。フタモンアシナガバチ・セグロアシナガバチなど。枯れ枝や古い木材をかみくだき,唾液(ダエキ)で練ったものを材料にして,六角柱状の小部屋を並べた巣を軒下や木の枝に作る。[季]春。
  • あしながぐも    【足長蜘蛛】 クモの一種。体も脚も細長く,黄褐色。体長15ミリメートル内外。第一歩脚は特に長い。丸網を水平に張り,昆虫を捕食する。本州・四国・九州に分布。
  • あしながばち    【足長蜂】 〔飛行中,脚を長くのばして下げるのでいう〕 アシナガバチ属のハチの総称。フタモンアシナガバチ・セグロアシナガバチなど。枯れ枝や古い木材をかみくだき,唾液(ダエキ)で練ったものを材料にして,六角柱状の小部屋を並べた巣を軒下や木の枝に作る。﹝季﹞春。
  • あしなが-くらげ    [5] 【足長水母】アカクラゲの別名。
  • あしながくらげ    【足長水母】 アカクラゲの別名。
  • あしな    【蘆名】 姓氏の一。会津国黒川を領した戦国大名家。相模国三浦郡蘆名から南北朝期に会津へ下向したという。会津守護と呼ばれ,権勢をふるった。
  • あし-なが    [0] 【足長】 (名・形動)(1)足が長いこと。(2)遠くまで行くこと。(船の)航海距離が長いさま。「―に出たほどに兵糧よろづが大義/蒙求抄 6」(3)(山海経(センガイキヨウ))足が非常に長いという想像上の人間。手長(テナガ)とともに清涼殿の荒海の障子に描かれていた。
  • あしなえ    【蹇・跛】 足が悪く歩行が不自由なこと。また,その人。
  • あしなか    【足半】 足の裏半ばまでくらいの長さで,かかとの部分のない藁草履(ワラゾウリ)。足半草履。半草履。
  • あしなずち    【脚摩乳・足名椎】 記紀神話の神。大山祇神(オオヤマツミノカミ)の子。奇稲田姫(クシナダヒメ)の父。手摩乳(テナズチ)はその妻。
  • あしなべ    【足鍋】 三本の足のある鍋。小型の鼎(カナエ)。
  • あしなみ    【足並(み)】 (1)人や馬が列をなして進む時の,足の運び具合。歩調。 「―をそろえる」 (2)大勢で行動するときのまとまり具合。 「野党の―がそろわない」 (3)(「に」を伴って副詞的に用いて)ひと足ごとに。 「うち入れうち入れ―に,銜(クツバミ)をひたして攻め戦ふ/謡曲・八島」
  • あしならし    【足馴らし】 (1)(走ったり歩いたりするために)あらかじめ足の調子を整えること。 「―に軽く走る」「退院に向けて―をする」 (2)準備行動。下準備。
  • おしながす    【押(し)流す】 (1)激しい勢いで流し去る。 「濁流が家を―・した」 (2)(比喩的に)時流・時勢など周囲の情勢が大きな影響を及ぼす。多く,受け身形で使う。 「時流に―・される」 ‖可能‖ おしながせる

例文

  • あしなが婆さん」の命名者でもある。
  • ヘルメット あしなが育英会(2002年。
  • ヘルメット あしなが育英会(2002年。
  • 第43話「あしなが隊長」に登場。
  • 現在あしなが育英会会長を務める。
  • 11月・・・「秋のあしなが学生募金」に参加。
  • 代表作『あしながおじさん』。
  • 足長手長(あしながてなが)は、九州に伝わる妖怪。
  • あしながおじさん』など。
  • 1993年にはあしなが育英会会長にも就任している。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5