简体版 繁體版
登録 ログイン

あしべ-おどり 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―ヲドリ [4] 
    【蘆辺踊り】

    大阪市南地五花街の芸妓が総出で演じた舞踊。1888年(明治21)に始まり,現在は四月一日から一〇日間,大阪踊として道頓堀中座で行われる。[季]春。

  • あしべおどり    【蘆辺踊り】 大阪市南地五花街の芸妓が総出で演じた舞踊。1888年(明治21)に始まり,現在は四月一日から一〇日間,大阪踊として道頓堀中座で行われる。﹝季﹞春。
  • あしおどり    【足踊り】 見世物芸の一。仰向けに寝て足にかつらや衣装をつけ,人形のように踊らせるもの。
  • あし-おどり    ―ヲドリ 【足踊り】見世物芸の一。仰向けに寝て足にかつらや衣装をつけ,人形のように踊らせるもの。
  • あしべ    【葦辺・蘆辺】 アシの生えている水辺。
  • すずめ-の-おどりあし    ―ヲドリアシ [7] 【雀の躍り足】字のまずいたとえ。
  • すずめのおどりあし    【雀の躍り足】 字のまずいたとえ。
  • あしべつ    【芦別】 北海道中部,空知川中流域にある市。石狩炭田北東部の産炭地として発展した。メロンやユリ根も栽培。
  • おどり    【踊り・躍り】 〔動詞「おどる(踊・躍)」の連用形から〕 (1)音楽に合わせて,おどること。ダンス。舞踊。舞踏。《踊》「―を踊る」 (2)日本の芸能では,跳躍の動作を主とし,まわりの楽器や歌に促されて動くのではなく,踊り手自身でリズムを作って踊る芸能をいう。中世末期の風流(フリユウ)踊り以降,念仏踊り・田植え踊り・盆踊り・やや子踊りなど,近世に民間で盛んに行われた。《踊》 →舞(マイ) 〔俳句
  • あし-どり    [0][4] 【足取り】(1)足の運び方。あしつき。歩調。「軽やかな―」(2)犯人の逃げて行った経路。「―をたどる」(3)相場の動向。「上げ―」
  • あずま-おどり    アヅマヲドリ [4] 【東をどり】1925年(大正14)東京新橋の花街の芸妓たちが,京都の「都をどり」にならって始めた舞踊。戦争のため一時中断,第二次大戦後復活。[季]春。
  • あやおどり    【綾踊り】 綾織り竹を用いて踊る民俗舞踊。歌舞伎舞踊の踊り地でもみられる。
  • あや-おどり    ―ヲドリ [3] 【綾踊り】綾織り竹を用いて踊る民俗舞踊。歌舞伎舞踊の踊り地でもみられる。
  • あわおどり    【阿波踊り】 徳島市近辺の盆踊り。数十人が連(レン)を組み,三味線・笛・鉦(カネ)・太鼓の囃子(ハヤシ)に乗って町中を踊り歩く。唄は熊本県の「牛深はいや節」系統のものであったが,大正初期には江戸後期のはやり唄「よしこの節」に替えられた。
  • あわ-おどり    アハヲドリ 【阿波踊り】徳島市近辺の盆踊り。数十人が連(レン)を組み,三味線・笛・鉦(カネ)・太鼓の囃子(ハヤシ)に乗って町中を踊り歩く。唄は熊本県の「牛深はいや節」系統のものであったが,大正初期には江戸後期のはやり唄「よしこの節」に替えられた。
  • いせおどり    【伊勢踊り】 近世初頭に伊勢から起こって流行し諸国に広まった掛け踊り。のちには,伊勢音頭に合わせて踊る踊りの称。