简体版 繁體版
登録 ログイン

あし-げり 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0] 
    【足蹴り】

    (格闘技で)足で相手を蹴ること。

  • あしげり    【足蹴り】 (格闘技で)足で相手を蹴ること。
  • げり    【外吏】 外任(ゲニン)の官吏。国司・受領(ズリヨウ)などの地方官。 ; 【下痢】 大便が液状あるいは液状に近い状態になって排泄(ハイセツ)されること。腹下し。 ; 「けり」(助動)に同じ。 「艶書をてづから持ちて行きてん〈げり〉/著聞 5」「うんとばかり其のまま息は絶えて〈げり〉/浄瑠璃・嫗山姥」 〔助動詞「けり」が完了の助動詞「つ」の連用形に付いた「てけり」が平安末期から「てんげり」ともい
  • かげり    【陰り・翳り】 (1)日や月がかげること。 「空は一点の―もなく澄み渡り/春潮(花袋)」 (2)かげのあるようす。暗さ。 「表情に―がある」「心の―」 (3)好ましくない傾向・様相。 「輸出に―が見え始めた」
  • げり-どめ    [0] 【下痢止め】下痢をとめること。また,その薬。止瀉剤
  • げり-べん    [0] 【下痢便】下痢の大便。液状の大便。
  • しげり    【茂り・繁り】 樹木が鬱蒼(ウツソウ)と繁茂すること。また,その場所。﹝季﹞夏。《光りあふ二つの山の―かな/去来》
  • たげり    【田計里・田鳧】 チドリ目チドリ科の鳥。全長30センチメートル余り。後頭部に長い冠羽をもつ。背面と翼は黒,下面は白色で胸に黒色帯がある。ユーラシア北部で繁殖し,冬は南へ渡る。日本には冬鳥として渡来し,水田・湿地などで生活する。
  • た-げり    [1] 【田計里・田鳧】チドリ目チドリ科の鳥。全長30センチメートル余り。後頭部に長い冠羽をもつ。背面と翼は黒,下面は白色で胸に黒色帯がある。ユーラシア北部で繁殖し,冬は南へ渡る。日本には冬鳥として渡来し,水田・湿地などで生活する。
  • てん-げり    (連語)(完了の助動詞「つ」の連用形「て」に過去の助動詞「けり」の付いた「てけり」の転。中世以降の語)過去に動作・作用の完了していることを表す。…た。…てしまった。…たことであった。「一来法師打死し―/平家 4」「馬にかきのせ申して,たしかにもとのところへ送り申し―/宇治拾遺 12」
  • とび-げり    [0] 【飛び蹴り】(プロ-レスなどの)格闘技で,飛び上がって相手を蹴ること。
  • なべ-げり    [2] 【鍋鳧】タゲリの異名。
  • ひざ-げり    [0] 【膝蹴り】(格闘技のわざで)ひざで相手を蹴ること。
  • あし    【悪し】 〔「あし」は絶対的な評価として,「わろし」は相対的な評価として用いる〕 (1)(道徳的・倫理的に)非難されるべきである。悪い。けしからぬ。 「よきにつけ―・しきにつけ」「―・しからず」「人よりは妹そも―・しき恋もなくあらましものを思はしめつつ/万葉 3737」 (2)(吉凶・禍福について)不吉だ。不運だ。 「例の所には,方―・しとて,とどまりぬ/蜻蛉(中)」 (3)(美的に)みにくい
  • かげりゅう    【陰流】 ⇒愛洲陰流(アイスカゲリユウ)
  • げりどめ    【下痢止め】 下痢をとめること。また,その薬。 →止瀉剤(シシヤザイ)