简体版 繁體版
登録 ログイン

あし 意味

読み方
"あし"の例文"あし"の英語"あし"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【悪し】
    〔「あし」は絶対的な評価として,「わろし」は相対的な評価として用いる〕
    (1)(道徳的・倫理的に)非難されるべきである。悪い。けしからぬ。
    「よきにつけ―・しきにつけ」「―・しからず」「人よりは妹そも―・しき恋もなくあらましものを思はしめつつ/万葉 3737」
    (2)(吉凶・禍福について)不吉だ。不運だ。
    「例の所には,方―・しとて,とどまりぬ/蜻蛉(中)」
    (3)(美的に)みにくい。醜悪だ。
    「御声も惜しませ給はず,いとさま―・しきまで泣かせ給ふ/栄花(花山)」
    (4)(技術的に)へただ。拙劣だ。
    「中納言,―・しく探ればなき也と腹立ちて/竹取」
    (5)(身分的・階層的に)卑しい。下賤(ゲセン)だ。
    「冬はついたち,つごもりとて,―・しきもよきもさわぐめるものなれば/蜻蛉(上)」
    (6)(品質的に)粗末だ。粗悪だ。
    「下衆女のなり―・しきが子負ひたる/枕草子 122」
    (7)(気分・心理状態について)不快だ。不機嫌だ。苦しい。
    「おほやけの御気色―・しかりけり/伊勢 114」
    (8)(自然的状況について)荒れている。険悪だ。
    「外の海いといみじく―・しく浪高くて/更級」
    (9)都合が悪い。具合が悪い。
    「折―・しく」「ここには弓場なくて―・しかりぬべしとてかしこにののしる/蜻蛉(中)」
    (10)(動詞の連用形の下に付いて)…するのが難しい。…しにくい。
    「他国(ヒトクニ)はすみ―・しとそいふ/万葉 3748」
    →わろし

  • 【葦・蘆・葭】
    イネ科の多年草。温帯および暖帯に広く分布し,水辺に自生する。地下の長い根茎から高さ2メートル以上に達する稈(カン)(茎)を出し,群生する。葉は二列に互生し,ササの葉に似る。秋,ススキに似た大きな穂を出す。稈は簾(スダレ)やよしずにする。「あし」が「悪し」に通ずるのを忌んで,「よし」ともいう。ハマオギ。﹝季﹞秋。
    ――をふくむ雁(カリ)
    海を越える時,海上で休むのに用いるため,葦の葉を口にくわえていくという雁。
    →雁風呂(ガンブロ)

  • 【足・脚】
    (1)動物の胴に付属していて,歩行や体を支えるのに用いる部分。特に足首から先の部分をさすこともある。
    「―を組んで椅子に座る」「―に合わない靴」
    〔哺乳動物には「肢」,昆虫には「脚」を多く用い,ヒトの場合は足首からつま先までを「足」,足首から骨盤までを「脚」と書き分けることもある〕
    (2)形態が{(1)}のようなもの。(ア)物の下方にあってそれを支えている部分。「机の―」(イ)本体から分かれて出ている部分。「かんざしの―」「旗の―を見て/盛衰記 35」(ウ)漢字の構成部分の名称。「想」「然」などの漢字の下部にある「心」「灬」など。脚(キヤク)。
    〔多く「脚」と書く〕
    (エ)船や櫓(ロ)の水中に入る部分。(オ)〔数〕 垂線が直線または平面と交わる点。
    「垂線の―」
    (3)(ア)歩くこと。行ったり来たりすること。
    「―を止める」「―を伸ばす」(イ)歩行の速さ・能力。「君の―なら五分で行ける」「―が強い」(ウ)交通の手段。「―の便が悪い」(エ)物事の動きや推移を,動物の足の動きや歩みに見立てていう。「雨―」「日―」
    (4)銭。おあし。《足》
    〔中国,晋の魚褒の「銭神論」に「翼なくして飛び,足なくして走る」とあることからという〕
    (5)(餅などの)ねばり。腰。
    (6)「足金物」に同じ。一の足・二の足がある。
    ――が奪われる
    交通機関が麻痺(マヒ)状態になり,通勤・通学などができないようになる。
    ――が重・い
    (1)足がだるい。
    (2)出かけたりする気がすすまない。
    ――が地に付かない
    (1)うれしくて,興奮して落ち着かないさまをいう。
    (2)考えや行動がしっかりしていない。
    ――が付・く
    (1)犯人の身元や逃げた足どりがわかる。また,犯行が露見する。
    (2)情夫ができる。ひもが付く。
    「げい子にや又しても―・く/滑稽本・膝栗毛 8」
    ――が出る
    (1)予算を超えた支出になる。
    「出張すると,いつも―出る」
    (2)隠しごとが現れる。足が付く。
    ――が遠の・く
    訪ねることが間遠になる。
    ――が早・い
    (1)歩いたり走ったりするのが速い。
    (2)食物が腐りやすい。
    「ゆで卵は―・い」
    (3)売れ行きが早い。
    ――が棒にな・る
    長い間歩いたり,立ち続けたりして,足の筋肉がこわばる。非常に足が疲れる。
    ――が乱・れる
    (1)足並みが乱れる。
    「反対運動の―・れる」
    (2)事故などで交通機関が乱れる。
    ――が向・く
    知らず知らずその方へ行く。
    ――に任(マカ)・せる
    (1)これというあてもなく,気の向いた方へ歩いて行く。
    (2)足の力の続くかぎり歩く。
    ――を洗・う
    悪事やよくない仕事をやめて正業につく。堅気になる。また,単に現在の職業をやめる意でも使う。
    ――を重ねて立ち、目を側(ソバダ)てて視(ミ)る
    〔史記(汲黯伝)〕
    左右の足をぴったりとつけ,うつむいて横目で見る。非常に恐れているさま,おずおずするさまにいう。
    ――をすく・う
    相手のすきをついて,卑劣なやり方で失敗させる。
    「部下に―・われた」
    ――を空(ソラ)
    足が地につかないほどあわてふためくさま。
    「ことごとしくののしりて―にまどふが/徒然 19」
    ――を出・す
    (1)予算を超えて支出する。
    (2)相場などで損をして,委託保証金・証拠金などを支払いにあてても払いきれなくなる。また,損をする。
    ――を使・う
    活発に動き回る。
    「―・って書いた記事」
    ――を取られる
    (1)足もとをすくわれる。
    (2)酒に酔って歩けなくなる。
    ――を抜・く
    関係を絶つ。仲間からはずれる。
    ――を伸ば・す
    (1)楽な姿勢をとってくつろぐ。
    (2)ある地点に着いたあと,さらにそこから遠くへ行く。
    ――を運・ぶ
    出向いて行く。
    「陳情のため何度も―・ぶ」
    ――を引っ張・る
    仲間の成功・勝利・前進などのじゃまをする。また,結果としてじゃまになる行動をする。
    ――を踏み入・れる
    入り込む。特に,それまで関係のなかった方面に,関係するようになる。足を入れる。
    ――を棒にする
    足が疲れて感覚がなくなるほど歩き回る。奔走する。足を擂(ス)り粉木にする。
    「―して探す」
    ――を向・ける
    (1)ある方向へ向かう。
    (2)(「足を向けて寝られない」の形で)人に対する恐れ多い気持ちや感謝の気持ちを表す。

  • あお-あし    アヲ― [0] 【青葦・青蘆】青々と茂っているアシ。青葭(アオヨシ)。[季]夏。
  • あげ-あし    [0] 【揚(げ)足・挙(げ)足・上(げ)足】(1)足をあげること。また,その足。(2)(「上げ足」と書く)取引で,相場が上がっていくこと。下げ足(3)一方の足を折り曲げ,他方の足をその上にのせること。また,その足。「御前近くも無遠慮に,縁先に―して/浄瑠璃・丹波与作(上)」――を取・る 人の言葉じりやちょっとした失敗を取り上げて,相手を責める。
  • あしい    【悪しい】 〔現代語では,文語形を含め,一部の活用形が「おりあしく」「よきにつけあしきにつけ」「よしあしだ」などの形で慣用的に用いられる〕 よくない。 「いつも呑ませ付けた物をのませねば心に掛つて―・い/狂言・抜殻(虎寛本)」 →悪(ア)し
  • あしお    【足尾】 栃木県西部,上都賀郡にある町。 ; 【足緒】 (1)鷹狩りで,鷹の足に付ける紐。 (2)太刀の足金(アシガネ)に付けて,帯取りを通す革。足革。
  • あしか    【海驢・葦鹿】 (1)食肉目アシカ科の海獣の総称。アシカ・トド・オットセイ・オタリアなどを含む。 (2){(1)}の一種。体長は雄が約2メートル,雌は約1.5メートル。毛は暗褐色。四肢は遊泳に適するよう,魚のひれ状に変化している。一夫多妻で,群れをなして生活し,警戒心が強い。太平洋に広く分布。うみうそ。 (3)〔アシカは眠りを好むと信じられたことから〕 眠たがる人。特に,よく眠る若い遊女。 「
  • あしき    【悪しき】 〔文語形容詞「悪(ア)し」の連体形から〕 ※一※ (名) 悪いこと。悪いもの。 「―を捨てる」 ※二※ (連体) 悪い。よくない。 「―見本」「―前例」
  • あしげ    【足蹴】 (多く「あしげにする」の形で) (1)足で蹴とばすこと。 (2)ひどい仕打ちであることを比喩的に言う。 「人を―にする」 ; 【芦毛・葦毛】 馬の毛色の名。体の一部や全体に白い毛が混生し,年齢とともにしだいに白くなる。はじめは栗毛や鹿毛にみえることが多い。原毛色の残り方から赤芦毛・連銭芦毛など種々ある。
  • あしこ    【彼処】 遠称の指示代名詞。あの場所。あそこ。 「―に籠りなむのち/源氏(若菜上)」
  • あした    【明日・朝】 (1)今日の次の日。あくる日。あす。みょうにち。副詞的にも用いる。《明日》 (2)夜が終わって,明るくなった時。あさ。 ⇔夕べ 《朝》「―の露」 (3)翌日の朝。何か事のあった夜の明けた朝。《朝》「野分の―こそをかしけれ/徒然 19」 〔副詞的用法の場合,アクセントは ◎〕 ――には紅顔(コウガン)ありて夕べには白骨(ハツコツ)となる 〔蓮如の「御文章」より〕 人の生死の予知でき
  • あしだ    【芦田】 姓氏の一。 ; 【阿私陀】 〔梵 Asita〕 仏典にみえる中インドの仙人。釈迦の誕生に際してその相を占い,家にあれば偉大な帝王となり,出家すれば人類を救う仏陀(覚者)となると予言したという。阿私。阿私仙。 ; 【足駄】 〔「足板(アシイタ)」の転か〕 (1)(雨の日などにはく)高い二枚歯のついた下駄(ゲタ)。高(タカ)下駄。 (2)古くは,木の台に鼻緒をすげた履物の総称。 ――を履
  • あして    【足手】 足と手。手足。また,からだ。
  • あしで    【葦手】 (1)文字を絵画風にくずして,水辺の葦を中心に水流・岩・草・鳥などをかたどったもの。平安時代に行われた。文字絵。葦手書き。 (2){(1)}に描かれているような文字の書体。 (3)「葦手絵」に同じ。
  • あしな    【蘆名】 姓氏の一。会津国黒川を領した戦国大名家。相模国三浦郡蘆名から南北朝期に会津へ下向したという。会津守護と呼ばれ,権勢をふるった。
  • あしに    【脚荷】 バラスト{(1)}に同じ。
  • あしの    【蘆野】 姓氏の一。

例文

  • 彼はいいかげんにあしらえない人である。
  • あした裁判所で証言しなければならない。
  • トムはあした早く朝食を食べるでしょう。
  • 彼女は私たちの申し出を鼻であしらった。
  • あなたはあした東京に行くつもりですか。
  • この新しい靴は、きつくてあしが痛い。
  • あした雨が降るんじゃないかと心配だ。
  • あしたの朝は寝過ごさないようにしなさい。
  • よしあしは別としてとにかくやってみよう。
  • あした何が起こるかわかったものではない。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5