简体版 繁體版
登録 ログイン

あずけ-じょう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • アヅケジヤウ [0] 
    【預け状】

    主として南北朝以降,将軍・守護などがその直轄領の支配・管理を配下の武士にゆだねる際に発給した文書。

  • あずけじょう    【預け状】 主として南北朝以降,将軍・守護などがその直轄領の支配・管理を配下の武士にゆだねる際に発給した文書。
  • あずけ    【預け】 (1)金品や人を預けること。寄託。他の語と複合して用いられる。 「―物」「―主(ヌシ)」「一時―」 (2)武家時代に,罪人を大名・寺・町・村・親類などに預けて監禁させた刑罰。それぞれ,「大名預け」「寺預け」などといった。
  • だいみょうあずけ    【大名預け】 江戸時代,幕府が罪人を大名に預けて監禁させた制度。
  • だいみょう-あずけ    ―ミヤウアヅケ [5] 【大名預け】江戸時代,幕府が罪人を大名に預けて監禁させた制度。
  • ちょうないあずけ    【町内預け】 「町(マチ)預け」に同じ。
  • ちょうない-あずけ    チヤウ―アヅケ 【町内預け】「町(マチ)預け」に同じ。
  • あずけあい    【預(け)合い】 払い込みや出資の仮装行為。株式会社の株式の払い込みや有限会社の出資の履行の際,発起人または取締役が銀行や信託会社と通謀して,払い込みがないのに払い込みがあったかのように装うこと。商法で禁止。
  • あずけいれ    【預け入れ】 銀行などに金銭を預けること。
  • あずけがね    【預け銀】 ⇒あずけぎん(預銀)
  • あずけぎん    【預け銀】 江戸時代,請求した時にはいつでも返してもらう約束で貸した金銭。あずけがね。 「―の先々へも自身の付届して/浮世草子・織留 6」
  • あずけもの    【預け物】an article left in one’s charge.
  • あずける    【預ける】 (1)身柄や金品を人の手もとに置き,その世話や保管をたのむ。 「荷物を―・ける」 (2)管理・運営の責任をまかせる。 「印鑑を君に―・ける」 (3)預金・貯金をする。 「銀行に―・ける」 (4)体を人にもたせかける。 「上体を―・ける」 (5)紛争や勝負の決着を他人にゆだねる。処理をまかせる。 「けんかを―・ける」「勝負を―・ける」 (6)茶道で,点前中に茶道具を仮置きする。 ︱慣
  • あずけ-あい    アヅケアヒ [0] 【預(け)合い】払い込みや出資の仮装行為。株式会社の株式の払い込みや有限会社の出資の履行の際,発起人または取締役が銀行や信託会社と通謀して,払い込みがないのに払い込みがあったかのように装うこと。商法で禁止。
  • あずけ-いれ    アヅケ― [0] 【預け入れ】 (名)スル銀行などに金銭を預けること。
  • あずけ-い・れる    アヅケ― [5] 【預け入れる】 (動ラ下一)[文]ラ下二 あづけい・る銀行などの自分の口座にお金を入れる。「お金を銀行に―・れる」