简体版 繁體版
登録 ログイン

あせ-どの 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【汗殿】
    (「汗」は血の忌み詞)
    伊勢神宮の斎宮(サイグウ)が月経の時にこもった御殿。

  • あせどの    【汗殿】 〔「汗」は血の忌み詞〕 伊勢神宮の斎宮(サイグウ)が月経の時にこもった御殿。
  • あせ    【吾兄】 二人称。女性から男性を親しんで呼ぶ語。助詞「を」を伴い,歌の場の囃子詞(ハヤシコトバ)として用いた。あなた。 「脇机(ワキヅキ)が下の板にもが,―を/古事記(下)」 ; 【汗】 (1)哺乳類の汗腺から分泌される分泌物。成分の99パーセント以上は水で,他は乳酸・塩化ナトリウムなど。体熱を放散させて体温の調節を助ける温熱性発汗と,興奮したときや感覚的な刺激を受けたときに起こる精神性発汗
  • どの    【殿】 〔名詞「との(殿)」から〕 人名や官職名などに付けて,敬意を添える。 「山田太郎―」「部隊長―」 〔古くは,「関白―」「清盛入道―」など,かなり身分の高い人に付けても用いた。現在では,目下に対してや事務的・公式的なものに用いることが多く,少なくとも,目上に対しての私信にはほとんど用いない〕 ; 【何の】 どれとはっきり限定しないままに,不明・不定の事物・人間・程度などを取り上げるときに
  • あせい    【阿世】 世の中の大勢(タイセイ)におもねること。世にこびへつらうこと。 「学は以て媚俗―の器具となりし時/求安録(鑑三)」 →曲学阿世 ; 【亜聖】 〔「亜」は次ぐ意〕 聖人に次ぐすぐれた人。特に,孔子に対して孟子または顔回(ガンカイ)をいう。 ; 【蛙声】 カエルの鳴く声。
  • あせす    【汗す】 ⇒あせする
  • あせび    【馬酔木】 ツツジ科の常緑の大形低木。関東以西の山野に自生し,庭木ともする。早春,壺形(ツボガタ)の白い小花を枝先に総状に多数つける。有毒で,馬が食べると麻酔状態になるというので「馬酔木」と書く。葉は殺虫剤に,材は細工物にする。アセボ。アシビ。アセミ。アシミ。 〔「馬酔木の花」は ﹝季﹞春〕
  • あせぼ    【汗疹】 〔「あせいぼ」の転〕 あせも。﹝季﹞夏。 ; 【馬酔木】 アセビの別名。
  • あせみ    【馬酔木】 アセビの別名。
  • あせも    【汗疹】 汗のために皮膚にできる,小さな赤い水泡(スイホウ)性湿疹(シツシン)。かゆみを伴う。夏,乳幼児や皮膚の弱い人にできやすい。あせぼ。汗疹(カンシン)。汗瘡(カンソウ)。﹝季﹞夏。《なく声の大いなるかな―の児/虚子》
  • あせり    【焦り】 あせること。気がいらだつこと。 「敵に―の色が見えてきた」「相手の―を誘う」
  • あせる    【焦る】 (1)早くやろう,うまくやろうと思っていらいらする。 「勝ちを―・って失敗する」 (2)気がはやって,足をばたばたさせる。 「―・る上馬(アガリウマ)に乗りて/梁塵秘抄」 ; 【褪せる】 〔「浅(ア)す」と同源〕 (1)時間が経過したり,光線が当たったりして,色・つやなどが薄くなる。色がさめる。 「色―・せた洋服」 (2)もとの美しさや力を失う。衰える。 「色香が―・せる」
  • あせ・す    [1] 【汗す】 (動サ変)あせする
  • あせ・する    [1] 【汗する】 (動サ変)[文]サ変 あせ・す汗をかく。多く,努力して事をするさまにいう。「額に―・して働く」
  • あせ・る    [2] 【焦る】 (動ラ五[四])(1)早くやろう,うまくやろうと思っていらいらする。「勝ちを―・って失敗する」(2)気がはやって,足をばたばたさせる。「―・る上馬(アガリウマ)に乗りて/梁塵秘抄」
  • あせ-かき    [2] 【汗掻き】汗をかきやすい体質。また,その人。あせっかき。